2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ランナー | トップページ | ボクらの時代 ロングヘアーという生き方 »

2010.09.05

エンド・ゲーム:常野物語

エンド・ゲーム 常野物語 (集英社文庫)  恩田 陸 2009 集英社文庫

シリーズ3冊目が文庫化されたと喜び勇んで買ったが、いくつかの書評を読むうちに、どうやら期待するものとは違うかもしれないと思った。
タイトルもなんだか不穏な響きを持ち、表紙はどこか不吉な色合いを帯びる。
後回しにしながらも、気になってはぱらぱらとめくり、めくり、しているうちに、ようやく最初からきちんと読もうという気になった。

「裏返す」力を持つ家族が主人公となった長編だ。拝島時子と、その母である瑛子の物語が、交互に語られ、一本になっていく。
ここでは、「裏返す」「包む」「洗濯する」というのが、キーワードになっている。通常の意味合いとは少し違う、特別な行為を示す。
本書は単独でも読めるが、一風変わった力のことを知りたければ、「光の帝国」と「蒲公英草紙」を読むとよい。

常野一族の中で、常に戦ってきた家系。
拝島家の短編は、「光の帝国」の中でも異色で、一つだけ浮いているような感じがした。
だから、その拝島家についての長編であるこの本も、これまでのシリーズと一線を画していても当然なのかもしれない。

裏返されて、裏返された、なにが表だったのか。
正直なところ、よくわからなくなった。結局、何が起きたのか。
これまでの経緯ではなく、あの大きな建築物から出たときに、裏返されたのは誰なのか。
裏返されたとすら微塵も思っていない人物は、本当に無事であったのだろうか。
あの柱の中の、ほかの人々はどうなったのだろうか。輪回しをしながら駆け抜けていった少年は。
ここから先、どんなことが起こるのか。

最後にざらりとした感触が残る。
ざわりと、胸底でなにかが身じろぎするような。
暗い時代の予感が今こそ現実になる。

終わりの始まりの雨が降る。

« ランナー | トップページ | ボクらの時代 ロングヘアーという生き方 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/36559749

この記事へのトラックバック一覧です: エンド・ゲーム:常野物語:

« ランナー | トップページ | ボクらの時代 ロングヘアーという生き方 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック