2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 桜の実の熟する時 | トップページ | スマッシュ×スマッシュ! »

2010.07.29

宵山万華鏡

宵山万華鏡  森見登美彦 2009 集英社

京都の祇園祭と偽祇園祭の狭間で迷子になってみませんか?

ちょっと不思議な世界にくるくると惑わされる。
見える景色がくるくる変わる。これはこうで、あそこはこうで。
この人があの人で、あそこにいたのがこの人で、あの人はここにいて。
一つ一つは短くてあっという間だけれども、それが次に重なりあう。
万華鏡のように景色が変わる。そういう連作短編集だ。

私の頭の中の京都の地図は通りの名前しか記載されていないので、町名で書かれると戸惑う。
京都在住経験者以外には、上る下がる、東入る西入るという空間把握は不評だそうだが、あれほど機能的で迷子になりやすい私に優しい地図はないのに。
でも、町名がぴんと来ないことで、景色がぼんやりと曖昧で感覚的なものになり、物語世界が幻想的になった。
達磨や招き猫や信楽焼きの狸が飾られた、天狗や竜が舞い遊ぶ、そこは偽京都。
偽京都の祇園祭に偽祇園祭があるのだ。要注意。

騙す私が悪いのか、騙される君が悪いのか。
思わず、節をつけて歌いたくなる。
うかうかしていると、ほら、迷子になっちゃうよ。
繋いだ手は離しちゃいけないよ。

普段は車両の多い四条通りのど真ん中を歩く。それが面白かった。
露店が軒を並べて、様々な匂いが立ち込める。
あちこちから聞こえてくる祇園囃はちょっと物悲しいような響きで、そこに人々の喧騒と、物を売る人の呼び声が重なる。
ただでさえ暑い季節に、通りごとに一歩も進めなくなるほどの人が溢れ帰る。
喉が渇いたときは露店で買い物ができるが、一番困るのがトイレだった。
歩き疲れて、休みたいのに休めない時、匂いと音と暑さに眩暈がしたり、気が遠くなったり。
町屋に住む友人宅にお邪魔した時には、そんな喧騒も遠のいて、どこか違う世界の趣を帯びた。
そんな祇園祭の体験が次々に思い出されて懐かしかった。

一年間、積んだままにしていたが、祇園祭のニュースを見て存在を思い出した。
どうにもこうにも、本を読む速度が買う速度に追いついていない。反省。

« 桜の実の熟する時 | トップページ | スマッシュ×スマッシュ! »

# 京都界隈」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんは(^^)。
阿呆な腐れ大学生が、フル回転してる章はすんごく面白かったです。
ちょっと不気味な方向に向かったときに、「うわぁぁ~ん!京都さんのいけずぅ!」とわめきたくなりました(^_^;)。
宵山の晩に、くるくると回って人を惑わす万華鏡。
きらびやかで、ちょっと怖い、そんな夜でしたね。

水無月・Rさん、こんばんは♪
京都さん、いけずがデフォですもんねぇ。
日常を少し逸脱する感じに、私は『千と千尋の神隠し』を思い出していました。
風呂に入ってはどんちゃんしている神様たちの、そんな賑やかな饗宴が祇園祭の上空で繰り広げられているとしたら……。
しかも、人ごみで迷子になった子ども達は、心細くて、焦って、見慣れた世界がすべて一変したかのように感じることでしょう。
もりみーの想像力を感じたのでした。

なお、京都の某大学では、1年生の祇園祭と言えば、恋人ができるかどうかの分かれ目として、「薔薇色の学生生活」をかけて腐れ大学生予備軍が盛り上がるものでした。

どもども。
万華鏡のようにクルクルと廻るお話だったね。
姉妹のお話はちょっと苦手な方だったんだけど、大学生たちのどんちゃんはとっても楽しめました♪
初めて京都の地図を見たとき「上る下がる、東入る西入る」にさすが京都!と風情を感じつつ、私はどっちが上るか下がるか、東か西かで迷いそー;;;と思ったものでした^^;

すずなちゃん、ども。
がんばったよー!(笑)
冒頭は好みじゃない気がして進まなかったのですが、最後の章が楽しかったです。

京都の通りの名前をだいたい憶えていても、90°間違うとえらいことになるという……。
町中に行きなれない子どもの時に間違って、えらく歩き回った記憶があります。
そのうち、山の形とか、北側のほうが少し傾斜していて南に向けて低くなっているとか、微妙なサインを見分けられるようになりました。(^^;;;

香桑さん、こんばんわ。
偽宵山の妖しさにワクワクいたしました^^
いろんな色彩や音や匂いがごった煮のように詰まっていましたねぇ。
金魚玉・・でしたっけ? 夢みたいに綺麗だなぁ~、可愛いなぁ~という思いと、ベチャっと潰れた時の不気味な気持ち悪さが、なんか混ぜこぜになって残っております。

本当の祇園祭を直に感じたことがないもので。そうか、だからより感覚的になっていって、どんどん迷い込んじゃったのに違いないわ。わたし^^;

susuさん、こんばんは☆
偽宵山に並ぶ露天は、万華鏡屋さん以外にも、きっとあやしげなお店が紛れ込んでいるに違いありません。
天狗水で浮かぶ金魚玉の風船も楽しそうですよねぇ。
娘/従姉妹を失った家族の、延々と繰り返される宵山が切なかったです。
祇園祭の本来の目的を思い出せば、宵山様のような神々が虎視眈々と見つめていてもおかしくないような気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/35944917

この記事へのトラックバック一覧です: 宵山万華鏡:

» 『宵山万華鏡』/森見登美彦 ○ [蒼のほとりで書に溺れ。]
京都のお祭り「宵山」の日、幼い姉妹はそれぞれの冒険をし、おバカな「偽祇園祭」は計画&実行され、ある人はひたすら宵山の日を繰り返し、別世界に「宵山様」が存在し・・・。 森見登美彦さんが描く、不思議なファンタジーワールドは自在に姿を変え、伸び縮みし、何かを飲み込んだり、放出したりしている。 うわぁ~、世界の外側にあるはずの『宵山万華鏡』を覗いてみたら、こんな世界が広がっていて、いつの間にか自分も万華鏡の中にとらえられてしまっていた・・・てことになりそうだ。... [続きを読む]

» 宵山万華鏡(森見登美彦) [Bookworm]
京都の祇園祭前夜、宵山を舞台にした連作中篇集。 ・・・中篇と短篇の違いがわからなーい(笑)短編集だと思ってたんだけど、解説?では中篇集ってなってた。なんとなーくは分かるけど、ページ数とかできちんとした決まりがあるんでしょうか。... [続きを読む]

» 宵山万華鏡 / 森見登美彦 [Favorite Books]
祇園祭宵山の一夜を廻る物語。 “ぐるぐる回すといろんな形が見える”万華鏡のように彩られていく宵山絵巻。 祭りの非日常性が凝縮されているような、そしてどこか、祭りのソウルを鷲掴みにするようなイマジネーションの世界。 6つの短篇は2つずつペアになり、鏡像関係を描きつつ、それらが少しずつ浸食し合ったり、一見無関係な短篇同士がさらに表裏一体となっていたり・・ チーフさとディープさが混沌と絡み合う。 閉ざされた時空に封じ込められて、やがて向こうの世界とこちらの世界、陰と陽の尻尾を滲ませながら廻り出すような。... [続きを読む]

« 桜の実の熟する時 | トップページ | スマッシュ×スマッシュ! »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック