2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 道徳という名の少年 | トップページ | なりひらの恋:在原業平ものがたり »

2010.06.21

日本国憲法前文お国言葉訳:わいわいニャンニャン版

日本国憲法前文お国ことば訳 わいわいニャンニャン版  勝手に憲法前文をうたう会(編) 岩合光明(写真) 2010 小学館

ひとめぼれ。
平積みされた猫写真に目が留まったものの、惚れ込んだのは中身だ。
この企画、いい。
思いつきに惚れ込んだ。

あなたは日本国憲法を読んだことがありますか?
改憲/護憲を話しあうその前に、憲法そのものを読んだことがありますか?

高知の女性が思いついて、ブログやフリーペパーでお国言葉訳を集めた。
お国言葉にするプロセスで、それぞれが前文を理解する。咀嚼して、自分の身近なものにひきつけて、憲法について考える。
思いつきも素敵だけど、思いつきだけで終わらせない。
そこがとってもはちきんで素敵。

どんな表現になるのか。
自分の馴染みの言葉は音声として再現できるし、発音やイントネーションがいまひとつわからない言葉もある。
5年間で90以上。全都道府県網羅。
と言っても、一つの都道府県内でも地方によって言葉は変わる。著者(編者?)も書いているが、世代や年代によっても変わる。
幾つか集まったものの中からどれを選ぶか、どんな訳にしていくか。
その裏話もいくつから書かれており、そこも面白くて温かい。

あっちは? こっちは?とページを繰るうちに、日本国憲法前文を憶えてくる。
逐語で丸暗記するわけじゃないけど、そのスピリットがじわわーっと染みわたってくる気がした。
声に出して、読んでみた。次から次に読んでみた。
そのうち、涙が出てきて自分でもびっくりした。
すごく強い祈りのように、感じたから。たくさんの祈りを感じたから。本当に、心と涙腺にじわわーっときた。

疲れたら、猫の写真で和む。この辺りのバランス感覚も日常的でいい。
美人さんとは限らないけれど、お国言葉に合わせた各都道府県の普通の猫たちだ。
愛媛のこは何やってんのーっと笑いたくなったし、沖縄のこはナイス前足。
京都のこの後姿の貫禄。寝姿はどの子もこの子も、知らずに微笑が浮かぶ。
彼らがのーんびりとしている景色って、平和じゃない?

私は第9条も含めて、今の憲法が好きだ。
視野が広くて、理想と誇りを感じさせる文章だと思う。
古い言葉の凛としたたたずまいも好きだったりする。
好きで悪いか。平和で悪いか。
私の読書も猫とのお昼寝も美味しい御飯も、この憲法に守られているんだけどな。

いわゆる護憲とか改憲とか、立場に分かれた運動を離れて、読んでもらいたい。

« 道徳という名の少年 | トップページ | なりひらの恋:在原業平ものがたり »

**平和を祈ること**」カテゴリの記事

**猫が好き**」カテゴリの記事

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/35391090

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法前文お国言葉訳:わいわいニャンニャン版:

« 道徳という名の少年 | トップページ | なりひらの恋:在原業平ものがたり »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック