2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.27

悲歌 エレジー

悲歌  エレジー  中山可穂 2009 角川書店

隅田川、定家、蝉丸。
3つの題は、それぞれが能より取られている。
「隅田川」を読んでから、能のほうの隅田川のあらすじを調べてみた。
ついでに、「定家」のあらすじを読んでから、こちらの小説のほうを読んでみた。
「蝉丸」については、雑誌掲載時に読んでいる。

中山可穂版・現代能楽集と帯に銘打ってあるが、同様の企画としては『弱法師』に続くものである。
こういう翻案されたものを楽しむには、もともとのものを知っていると、見方が変わる気がする。
後から元ネタを調べてここがこうなってああなって……と思い描くこともできるが、元ネタを知った上で読むと、あれがこうなるのか、という驚きをもって味わうことができるのではないだろうか。
そして、中山さんの料理の仕方のヴァリエーションに感服しつつ、改めて元ネタの深さにも驚いたりもするのだ。

心の中で、既に不在の人へと呼びかける。
その呼びかけが、この三篇には共通している。
隅田川では、娘を自殺で亡くした父親へ。
定家では、誰かを愛しながらも謎の死を遂げた小説家へ。
そして、蝉丸では、自分の師であり、心から敬愛する作曲家へ。
呼びかけた相手は不在であるから、その答えはない。
それでもなお、呼びかける。ねえ先生?と呼びかけずにはいられない。

三篇の主人公はそれぞれに、なにかの作り手である。
写真家、小説家、作曲家。
どちらかといえば、志に途切れがちな、道半ばで迷いながら、立ち止まりながら、師に向かって問わずにいられないのだ。
その師となるのは、どれもが主人公達以上に、その道や人生に挫折しているという矛盾を孕みながらも。
だが、作者の描く作り手達は、これまでとは違ったまなざしを持っているように感じる。

この薄汚れた醜い世界の隙間に隠れている美しいもの、圧倒的なものを注意深く取り出して、人々の前に差し出すこと。それが写真の仕事なら、わたしは写真家になりたい。あの子に向かって、死に急ぐすべての少女たちに向かって、世界はまだこんなにも美しいのだと知らせたい。(p.17)

ここに、作者の美意識を感じた。祈りのような美意識だ。
最近の作品になるほど、そこここに、年長者からのエールを感じるようになった。
それは、生き延びよという命題であったり、愛するときは用心深くせよという箴言だったりする。
それが、とても暖かで力強い愛に感じる。大きなものを包む薄い膜のように、意識には上らないけれどもそこに確かにあるような、そんな愛に。
だからこそ、読んでいて苦しくなるというより、励まされるような余韻が残るようになったのではないか。

愛を後ろ手に隠したまま、愛を貫く方法はないか。
そうは願いながらも、あいにく、私は隠し事が下手だった。
登場人物たちの不器用さに、だから、私は慰められるのかもしれない。
捨て身の、あまりにも捨て身で完璧なものを求める愛の報われなさ、難しさに。

それでも、愛の記憶は、時に胸を暖めて命を照らす力を持つのだ。
いつまでも。

「さあ、もう寝よう。明日も元気に目覚めるために。明日もまた、大人に負けずに闘うために。たっぷり眠った子供には、眠れない大人はかなわないんだからな」(p.149)

 ***

アンコールワットに行ってみようと思ったのは、無意識のどこかに蝉丸の物語が残っていたからかもしれない。
デヴァター達に会いに行ってみようと思う。でも、遺跡ばかりだと飽きちゃうことが冒頭で描かれていたから、欲張らないようにして。
ロリュオス遺跡かぁ。今回は後回しかな。ベンメリアもちょっと遠めなんだよなぁ。
アキーラ地雷博物館には行ってみたいのだけれども。うーんうーんうーん。

2010.05.24

ザ・万遊記

ザ・万遊記  万城目学 2010 集英社

マキメのエッセイ、2冊目である。
読み始めてしばらくして、マキメ? 本当にマキメ?と表紙を確かめた。
文体が、なんだか、もりみーに似てきているんだもん。
もうしばらく読み勧めると、あー、やっぱりマキメだー、と落ち着いた。
と思ったら、もりみーも登場してきて、笑った。

いくつかの雑誌に書かれたエッセイを集めたものである。
そのため、万城目作品に関わるものもあれば、スポーツについて、万城目氏の体験談など、内容は幅広く読んでいて飽きない。

「今月の渡辺篤史」というシリーズは、すごい。
渡辺篤史を知らなくたって、まるで『渡辺篤史の建もの探訪』(というテレビ番組)を自分まで欠かさず見てきたかのように、語れるようになりかねない。
すごい。
素材もすごいが、書き手もすごい。
職場のル・コルビュジエの椅子に意味もなく座ってみたり、自宅の洗面台のツーボウル、見える浴室を意味もなく自慢げに眺めてしまう。
建築当時、お願いした建設会社さんは怪訝な顔をしたこのデザインに、ついに時代は追いついたのだ。と、私が胸を張ってどーする。

マキメ氏の分身たる万太郎が行く、「観戦と温泉」。このシリーズが楽しかった。
役得がいっぱいの企画である。と思ったら、最初に著者がフットサル中にアキレス腱を切ってしまったところから始まり、気の毒かった。
観戦するスポーツはサッカーが多かった。北京五輪、アーセナル、クラシコの観戦となると垂涎の人も多かろう。
どこで世界を感じるか。あるいは、地元ならではの空気を感じるのか。
ザスパ草津は私が応援するチームではないが、J2が取り上げられるのも嬉しかった。

この人の文章はとにかく読みやすい。日本語として整っていて綺麗だ。
短い文章の中でも、思わずくすりと笑いたくなるような軽妙さがある。
その中で、「語ること、失うこと」という一節は、言葉を使う人ならではの鋭い考察と静かな諦念が感じられ、含蓄深い。最後にもう一度、読み返した。

訊かれたことに対し、頭のなかを整理して答える。考えがまとまる代わりに、やはり少しずつ、私は記憶を失っていく。(p.162)

2010.05.22

テルマエ・ロマエ(1)

買ったきっかけ:
susuさん@Favorite Booksおすすめ。
運良く後輩から借りることができました。
職場内でマンガ読書クラブ活動推進中。

感想:
面白かったです。
古代ローマ帝国でも文化の隆盛を極めたハドリアヌス帝の時代。設計技師ルシウスは奥さんに逃げられながらも、なぜか現代日本にトリップしては「最新」の入浴文化を持ち帰ります。
この異素材ミックスもいいところな組み合わせ、素材同士の噛みあわなさが面白いのです。
だって、ルシウスも、現代日本人も、言葉は通じ合わないから、お互いにマイペース。
しかも、ルシウスがとほほでへたれで熱血な不幸っぷりで、素敵なんですもの。浴衣をトーガのように着こなしてしまうなんて素敵すぎ。
負けるな、ルシウス。頑張れ、ルシウス。

おすすめポイント:
中学から大学まで、揃って古代ローマが専門の先生にばかり西洋史を習った所為で、今もローマ帝国には愛着を感じます。
今年は福岡市博物館にポンペイ展を見に行き、彼らの生活を感じてきたところでした。
その展示の一番の見ものは、大理石の浴槽とボイラー。しかも、追い焚き機能つき。
人々が大浴場に出かけるときに持ち歩いた、個人の入浴セットも展示されていました。その時には使い方がわからなかったストリジルがマンガに出てきて嬉しかったです。
それほど、お風呂が大好きだった古代ローマ人。
だから、マンガとしてのファンタジーを理解しつつも、これはよく知っている人が描いたのだと受けとめました。
そして、その私の感想は、マンガの合間にはさまれる作者のエッセイによって裏付けられると思います。
生まれ変わるなら、古代ローマだったらなんとか適応できる気がするんだけどなぁ。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

著者:ヤマザキマリ

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

2010.05.11

旅する前の「世界遺産」

旅する前の「世界遺産」 (文春新書)  佐滝剛弘 2006 文春新書

旅行の予定を立ててから、行き先に関わる本を集める。
この著者の言葉を借りれば「予習の美学」は、私の行動パターンにもある。
もっとも、予習にならずに復習になることも多いのだが。

著者はNHKで世界遺産の番組制作に関わっていたのだそうだ。
もともと旅行が好きだった人が、いつの間にか世界遺産を訪ね歩くのがライフワークになったという。
一人の人が数多くの世界遺産を尋ねた体験をもとにして、横断的な視線で世界遺産なるものについて語るところが興味深い。
文章も平易で読みやすく、押し付けがましさもない。情報としては紙面が限られているとしても、著者の驚きや喜びが伝わり、あっちもこっちも行ってみたくなった。

ひとつひとつの世界遺産の写真集や解説集と違って各論の集積ではなく、また、国境線で区切られたガイドブックとも違う。
世界遺産の背景にある文化や歴史を見直す視点を含みつつ、世界遺産は多重に多元に見直されていく。
著者の視線は、多様な文化、遠隔の文化に見られる思いがけない類似性や共通性を見出している。
たとえば、その国にたった一つしかない世界遺産という観点。あるいは、かつての殖民地であったという理解や、オスマントルコという土壌。そして、戦争や内乱の爪跡からいかに守るべきか。

また、世界遺産を礼賛するのではなく、暫定リストまでを視野に入れて、世界遺産を選んだり、有りがたがる文化まで俯瞰する。
と同時に、海外旅行時のノウハウもいくらか紹介されている。その中に「予習の美学」という言葉が出てきたのだが、それよりも印象深かったのは「旅をするなら、今」という見出しである。
現在は、ある程度までは、日本の経済的状況、多くの国の治安や観光客を受け入れる態勢が、かろうじて整っているからだ。
著者も書いているが、10年後にどうなっているか、まったくわからない。

2009年7月現在で890件。世界遺産のすべてを、一人の人間が一生の間に全制覇するのは難しそうだ。
この世界遺産ブームも国によって温度差があるのは予想がつくが、著者は日本での盛り上がりを「お墨付き・目標達成型」の旅の系譜に位置づけており、なるほどと思った。こういう旅文化論としても、この本は面白かったのだ。
確かに、日本人はマニュアル好きとも言われるが、お墨付きであることを有りがたがる文化だよなぁ。
お遍路さんや東海道五十三次など、「与えられた有限の目標を一つずつ訪れて、目標達成をなしとげる」(p.36)旅は、伝統と言っても差支えがない気がする。
そうか。昔からフルコンプが好きな人がいたわけか。強迫傾向が高い民族性と言われたら、そのとおりって感じ。
私も嫌いじゃない。多分、何かを揃える、成し遂げるのは好き。でも、達成する前に飽きちゃったり、無理~って投げ出すほうなんだよ……。だって、お財布が許してくれないもん。
しかも、890件の名前を記憶するだけでも無理無理無理……と、ひいちゃうのに十分な数があることにも驚いた。

ふと気付くと、世界遺産を避けて海外旅行に行くのは難しい事態になっている。
国内旅行ではそうでもないが、海外で有名な観光地に行こうとすると、当然のように結果として世界遺産も訪れたことになりがちらだ。
この本を読んでから、世界遺産認定前後を関わらず、自分が行ったことのある場所がいくつあるのか、数えてみた。
嬉しがって下記に挙げてみたわけであるが、行ったことのある国でも世界遺産をはずしていたり、世界遺産がそもそもなかったり、という、各国の事情のようなものを改めて感じることもできた。
( )の中は自分が行った時期である。アメリカのLiberty Bellは近くは通ったはずなんだけど、お土産に小さなレプリカのベルも持っていたんだけど、見たのかなぁ?という具合に古い記憶はかなり曖昧。この調子だと、ここから先も、たとえ世界遺産に行ったとしても、行った人が私じゃありがたみが薄れそうとも痛感。
でれきば、一つ一つの場所を、空間を、世界を、世界遺産だろうとなかろうと、じっくりと味わって、自分の糧にするような旅をしたいものである。

続きを読む "旅する前の「世界遺産」" »

2010.05.10

アジアの美術:福岡アジア美術館のコレクションとその活動

アジアの美術―福岡アジア美術館のコレクションとその活動  福岡アジア美術館(編) 2002(改訂増補) 美術出版社

福岡市立アジア美術館。略して「あじび」。誕生したのは1999年。
私が手に取った改訂増補版は2002年刊行であるが、初版は1999年。
あじびが生まれると同時に出された本だということがわかる。

この本は、あじびのコレクションの単なる紹介ではない。
サブタイトルにある通り、ワークショップなど、現在にまで続く活動が紹介されている。
増補されたのは、このオープン後の活動の部分らしい。

個人的に面白かったのは、アジア各国のアートシーンの解説である。
美術という観点から切り取られた記述の中に、およそ10年前の諸国の社会情勢を読み取ることができる。
旅行で見るのは現在の姿であるが、その姿のちょっと前を知ることができる思わぬ情報源となった。
変ったところもあれば、変わっていないところもあろう。また改定が必要なぐらいの変化が起きているエリアもあるのではないか。
アートを味わうときの予備知識としても役立つが、現在のアジアを思う人にも興味深いのではないだろうか。

2010.05.01

娚の一生(1-3)

買ったきっかけ:
後輩から貸してもらいました。よしながふみが好きなら……ということだったんですが、もともと西さんは好きだったんですよね。

感想:
主人公のつぐみちゃんが可愛い。西さんの女性キャラは本当に可愛い。
主人公の世代が近いので、仕事観や恋愛観、親戚の反応など、ずきずきしながら読みました。
対する海江田氏は、昔はこういう男性、好きだったよなぁ〜と微妙な気分。いや、元彼が長じてこういう大人になってくれたらいいなぁ、という成長を祈る気持ち?

おすすめポイント:
全3巻。30代未婚女性を主人公にした、大人の恋愛。
恋愛要素もよいですが、1巻の女性同士の友人関係も魅力的。
「こんなとこまで生きてきて
 自分の嫌なとことかをね
 否定するんのに もう…疲れ果てたんだ
 …それでも
 そういう女と友達でいてくれる?」
この台詞が名場面でした。
もう一箇所の名場面は三巻で真赤になった海江田氏。

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)

著者:西 炯子

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)  

娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)  娚の一生 3 (フラワーコミックス)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック