2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 | トップページ | 会津という神話:<二つの戦後>をめぐる<死者の政治学> »

2010.04.26

作家的一週間

有川 浩 Story Seller vol.3 2010年春号

早くも3冊目となったStory Seller。この形で発売されるのは、これが最後だそうだ。
ここに寄せられる有川作品のコンセプトは、共通して主人公がStory Seller。つまり、作家。
そこから、有川さんって実は?と読み手が思いたくなるような設定が活きるシリーズになっている。

この書き出しが素晴らしい。
笑った笑った。このノリ、大好き。
身体の部位を表す専門用語では、エロさを感じないんだけどなぁ。
いちいち興奮しちゃう人って大変よねー。と、揶揄したくなる。

女子トークではありうるネタだけど、敢えて活字にしちゃうところが有川さんの心意気。
こんなところから、見えない検閲があぶりだす意志の存在を描いちゃうのだから。
ショートショート「S理論」も作中作として読むことができ、二重に楽しめた。

本編には関係ないが、途中に差し込まれた写真が微笑ましい。階段で眠りこける猫。
この雑誌、せっかくだけれども、読むのは有川作品だけなのが現状。
でも、ところどころに挟まれた写真のページを見るのも好きなのだ。
目次をの次のページを開いて、京都の桜を思い出した。
哲学の道の、あの桜。あの日の桜を。

Story Seller (ストーリー セラー) Vol3 2010年 05月号 [雑誌] Story Seller (ストーリー セラー) Vol3 2010年 05月号 [雑誌]

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 | トップページ | 会津という神話:<二つの戦後>をめぐる<死者の政治学> »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

「作家的一週間」面白かったですね!
Vol2の有川浩作品より、こっちのほうが、だんぜん好きです!

私は、近藤史恵のが読みたくて、これを買いました。
「サクリファイス」は未読ですか?
ストーリーセラーに収められているのは、近藤史恵の最高傑作「サクリファイス」のサイドストーリーなんです。
読まないのは、もったいないですよ~。

牛くんの母さん、こんばんは。
面白かったですねー。出だしからインパクトが大きくて、たまげました。

近藤史恵さんは手つかずの作家さんです。
『サクリファイス』、そのうち挑戦してみます。
お勧めありがとうございます。

冒頭から爆笑だったよね~!
楽しませてもらいました♪

それと同じくらい、テーマの重さも感じました。
作家さんは、多かれ少なかれこういう闘いを繰り広げてるんだろうなーと思ったよ。

すずなちゃん、ども。
戦っているのは、作家さんだけじゃなくて、担当さん達もで、漢前でしたねー。
伏せ字はありかで会議にかけるって…。
私も職業柄、仕事で書く書類は、業態によっては自粛を要する単語が続出なのですが、いつか伏せ字に挑戦してみたい…とイタズラ心がうずいています。

コメントありがとうございました。

軽いノリの話だからこそ、検閲や規制の馬鹿らしさが際立っていたように感じました。
ホント、作者さんや編集さんも大変ですよね。

白い怪鳥さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます♪

とても笑わされるのだけど、考えてみると怖い話ですよね。
こうやって考える機会を得た人が何人もいると、シェアできてよかったです。

香桑さん、こんばんは(^^)。
あの冒頭は、反則・・・(笑)。
恥じらいを失ってるオバちゃんとしては、「あら~、妙齢の女性作家さんが商業ベースでこんな・・・!」って、楽しんじゃいましたけど。
担当さんたちもそれぞれキャラが立っていて、面白かったです。
いろいろ考えさせられましたけど。
気がつかないところで、いろいろ制限されてるのかも・・・と思うと、イヤですねぇ。

水無月・Rさん、こんばんは♪
おりしも、元タレントの裁判報道が盛んで、この小説を思い出していました。
といいますのも、ネットで見かけた記事では「陰茎」と書いてあった部分が新聞記事では「オレ自身」と書いてあるのを見つけました。
そうかぁ、こういうことかぁ、と深く納得したのでした。

もうすでに迷惑TBやコメントが多いので思い切って書いてみました。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/34389023

この記事へのトラックバック一覧です: 作家的一週間:

» 作家的一週間(有川浩) [Bookworm]
Story Seller vol.3(小説新潮 5月号別冊 2010 spring)掲載。 [続きを読む]

» 「Story Seller (ストーリー セラー) Vol3 」 [心に残る本]
「Story Seller (ストーリー セラー) 」のVol3が出ました。 書店でこの雑誌の表紙の「近藤史恵」という文字を見つけ、手にとって中をみたら、「石尾... [続きを読む]

» 「作家的一週間」を読む [怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】]
『作家的一週間』有川浩/著[StorySellervol.3(小説新潮5月号別冊2010spring)掲載:新潮社刊]StorySeller(ストーリーセラー)2010年05月号[雑誌]本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの新作・... [続きを読む]

» 「作家的一週間」/有川浩 ◎(小説新潮2008年5月号別冊『Story Seller vol.3』) [蒼のほとりで書に溺れ。]
いやぁ~、ホント有川浩さんてすごいよなぁ、と思いますよ{%拍手webry%}。 こういう着眼点を持つことが出来るって、スンバラシイと思います。特に前半部分なんか、普通、妙齢の女性作家なら慄いちゃって書けないんじゃないかと(笑)。さすがはちきん作家さん、肝が据わっていらっしゃる。 〔恒例すぎてしつこい解説:「はちきん」とは、男勝りでサッパリとした気性の、芯がシッカリしている女性をさす、土佐弁です。有川さんの描くはちきん女性は、水無月・Rの目指すところであります。〕 では、有川さん的「作...... [続きを読む]

« 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 | トップページ | 会津という神話:<二つの戦後>をめぐる<死者の政治学> »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック