2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« キケン | トップページ | 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 »

2010.03.30

マタタビ潔子の猫魂

マタタビ潔子の猫魂(ねこだま) (ダ・ヴィンチブックス)  朱野帰子 2010 メディアファクトリー

時は遡ること、およそ千三百年。天平時代は、聖武天皇の御世のこと。
聖武天皇に献上された猫は、聖武天皇より「吉備唐万侶」の名を賜る。
……聖武天皇、流行なのか?
思わずつぶやいたのは、『天平冥所図絵』を読んで記憶に新しいからだ。
そういえば、平城京遷都千三百年記念か、今年は。

田万川家は、夏梅種の血筋。夏梅種の血筋を、猫の憑き物は好む。
主人公の田万川潔子は、知らずに大物の猫の憑き物を飼っている。
その猫魂こと、唐万侶が語り手である。潔子は彼のことを「メロ」と呼ぶ。
タイトルとイラストに釣られて買った本であるが、なかなか面白かった。
ちなみに、猫魂となる憑き物の猫と、一般的に猫又と呼ばれる猫とは異なるんだそうだ。
天照大神の御世から生きているという黒ブチ先生なる猫又も登場するから、猫好きには嬉しくなるぐらい猫だらけ。

かつて日本には多くの憑き物たちがいた。
憑き物となるのは、狐やタヌキといった動物霊系、古木などの木霊系、古い身の回りの道具などの付喪神系と、大雑把に分けることができるだろう。
百鬼夜行図などを見ていると、そこには、物を大切にしなさい、生き物を可愛がりなさい、といった至極当り前なメッセージが浮かんでくるように見える。
霊が宿るから古いものは捨てなさい、というものではないだろう。捨てるにしても、役目を終えた道具や、長生きをした生き物には供養をする、という発想だ。
滑稽であるが、そこに人ではないモノへの敬意と愛着が見て取れるような気がするのだ。

ところで、現代を舞台にするとどうなるか。
そこには、地球温暖化などの環境問題が透けて見えてくる。その展開、思いつきの豊かさに驚いた。
外来生物に押されて居所を失いつつある、日本の在来生物たちの姿が見えてくるとは思わないじゃないか。この設定で。
しかも、唐渡りであると、猫が狸に嫌味を言われるような場面さえある。どこからが外来で、どこまでが在来か、線引きはとても難しい。

彰義隊か白虎隊だったかについての記述を読む機会が以前あったが、当時の上野あたりの情景描写には、烏鳶に狐狸は当然のように登場しており、驚いたことがあった。
猫が主人公と言えば、最近では『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』が秀逸で。
タヌキと言えば『有頂天家族』を思い出すし、キツネと言えば『きつねのはなし』『鹿男あをによし』『コンビニたそがれ堂』か。キツネの出番、結構、多いな。
生活の中に、身近な景色の中に、当然のように人間ではない生き物がいることは、従来、とても自然なことだった。

人間しか存在できない都市の生活空間は、私にとって住み心地が悪い。
たとえば、アスファルトとコンクリートで固めて、猫の姿が見えないなんて、とても嫌だ。彼らが生活するためには、炎天下に足の裏を火傷しない地面があり、安全に横切ることができる通路があり、ちょっとした水飲み場や土の見える場所が必要になる。もちろん、餌場も、であるが。
スズメだって、90年代比べて個体数が半減しているという説がある。温暖化なのか、都市化なのか、近代化なのか、西欧化なのか、これも恐ろしい数字ではないだろうか。
身近なはずの場所が、身近な生き物ですから住み着けない場所になりつつある。そこは、本当にヒトの住める場所であるのだろうか。
ほかの動物が住める空間の余裕があること。それは、とりもなおさず、そこに住む人の心の余裕、生活の余裕を示すのではないか。
ヒトもまた自然発生した生物の一種族である。対して、猫は人が交配して生み出した、野性にはいない生物である。だからこそ、人はある種の義務を猫(やその他の家畜動物)には背負うんじゃないかと考えたりする。

潔子のように思ったことを口に出せずに腹に溜め込みやすい性格を持つ者にとっては、もちろん社会は生きづらい。
果たして、夏梅種は後世に残れるのであろうか。唐万侶は生き延びれるのか。
未来に、新たな憑き物の居場所はあるや、なしや。

娯楽として気軽に楽しめる本であるが、気軽に見過ごせない問いを孕んでいる。

« キケン | トップページ | 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

**猫が好き**」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/34003062

この記事へのトラックバック一覧です: マタタビ潔子の猫魂:

» マタタビ潔子の猫魂 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 「マタタビ潔子の猫魂(ねこだま)」(朱野帰子:メディアファクトリー)、第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作に加筆修正して単行本化されたものだ。 マタタビ潔子の猫魂(ねこだま)朱野帰子メディアファクトリー1260円Amazonで購入書評/_uacct = "UA-918914-3";urchinTrac...... [続きを読む]

« キケン | トップページ | 彩雲国物語(20):蒼き迷宮の巫女 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック