2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 千年の祈り | トップページ | マタタビ潔子の猫魂 »

2010.03.26

キケン

キケン  有川 浩 2010 新潮社

あー、面白かった。
素直にそんな気持ちで本を閉じた。
ほんと、楽しい。わくわくどきどきする感じがいっぱい。
早く最後まで読みたいけれど、最後になると読み終えるのがもったいないぐらい。
最後の仕掛けは、これをやっちゃうって、小説としてどうよ? ずるくない??と思いながらも、うるっとなった。
語り手は誰なのか、わかってはいたけれども、こういう明かし方ってずるいと思う。
そもそも、表紙からずるいっちゃずるいだけれども。

有川さんの言葉づかいは女の子としては時々乱暴なのが気になるが、主人公が男の子ならまったく違和感がなくなる。
舞台はほとんど男子校状態の成南電気工科大学。理系の大学らしく、女子学生は希少品種。
その大学の機械制御研究部、略してキケンも、男子学生だけの集団だ。
男の子だけの集団が本気でばかをするとどうなるか!?

末代までの伝説に残るであろう傑物の部長と副部長。
その二人に日々鍛えられ、キケンな道まっしぐらな新入生たち。
私が楽しかったのは、やっぱり学園祭のエピソードだ。
こういうのって燃えるよね。楽しいよね。負けていられないよね。うんうん。
だけど、こういうばかって、見るよりやるほうが、やっぱり楽しいんだよ。

学生だから許されること、学生のクセにやってのけちゃうこと。誰もが怖いもの知らずで。
自分がしたことに友人がしたこと、見聞きしたことをあわせれば、大学時代が伝説の宝庫である人は少なくないはず。
私にも、とっくに過ぎてしまったけれども、元気がなくなるたびに今でも思い出す日々がある。
その時代を過ぎても、でも消えていない。宝物のような日々はいつまでも輝く。
遊ぶ時こそ、本気にならなくちゃ。ね。

« 千年の祈り | トップページ | マタタビ潔子の猫魂 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^TBさせていただきました。
青春小説ですよね~。本当に素敵でした。
確かに女の子だと多少乱暴に感じますが、男の子だったら口調に違和感は感じなくなりますね。
命懸けの遊びもまた楽しそうでしたし。
学校祭の闘いは見ていて楽しかったです。
最後のはずるいですよね~。
私、地下鉄の中で泣いちゃいましたもん^^;
私も、あー面白かった!
って思いながら本を閉じました。

苗坊さん、こんにちは。
あれは、ずるいですよね~~~。
大事な場面を文章で表さない小説なんて、むちゃくちゃずるいですよーっ。
すっかりしてやられました。
こちらの遊び心を試されるような小説ですね。笑

「面白かったーっ!」その一言に尽きる作品でした。楽しかったね~。
で、あの黒板はね、やっぱりずるいよね~!泣くよ、そりゃ!・・・と文句言いたいのは負け惜しみ?(笑)

負け惜しみますとも!!
わはわは笑いながら読んでいたのに、あそこで泣かされるとは思わないじゃないですか。
もう。

ラーメンが食べたくなります。

香桑さん、こんばんは(^^)。
とっても楽しくて、そして最後に泣かされました。
あのテンポでガンガン進んでいって、ちょっとほろっとさせられて。
ホントに有川さんの物語というのは、元気を貰えます。
色々感じることはたくさんあったんですが、何より楽しかった!

水無月・Rさん、こんばんは♪
楽しかったですねー。学生時代に戻った気分で、気分だけは若作りして読みました!
スピーディで、意表を突かれて、大笑いして、元気になれる本。
でも、ほろりとさせられるんですよね。
有川さんの魅力がたっぷりでした。

面白かったですねぇ!
熱い学生時代を思い出しながら読んでました。
時代は変わっても、学生は変わらず!?
いつでも自由奔放さをもってほしいものです(^^ゞ

じゅずじさん、こんにちは。
いつまでもキラキラしている学生時代の思い出が眩しく、かつ、楽しかったです。
こうしてTBやコメントをいただくたびに読み直したくなって、やっぱり大笑いしたり、ほろりとしてしまうんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/33944061

この記事へのトラックバック一覧です: キケン:

» キケン 有川浩 [苗坊の徒然日記]
キケンクチコミを見る オススメ! ネタバレありです 第1話「部長・上野直也という男」 成南電気工科大学の1回生である元山と池谷は1枚の張り紙を見ていた。サークルの勧誘のポスターで、名前は機会制御研究部。先輩らしき人間に部室へ連れて行かれ、2人は入部する事....... [続きを読む]

» 「キケン」有川浩 [心に残る本]
有川浩「キケン」、ようやく読みました。 成南電気工科大学機械制御研究部、略して「機研」。その実態は、とても危険!というわけで、理系男... [続きを読む]

» キケン(有川浩) [Bookworm]
うわー楽しかったっ!とっても、とっても楽しかったぁーっ! [続きを読む]

» 『キケン』/有川浩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
ベタ甘ラブロマじゃないのにッ! 読み始めてすぐに、白旗を盛ッ大に!振り回したくなりました。 いやぁもう、ホント有川浩さんだったら、どんな作品でもいいのか、お前は~!と突っ込まれそうだけど。 タイトル通り『キケン』な【機械制御研究部】に、もうメロメロ{%ハート4webry%}でした(笑)。 え~と、いつものことですが、ここから先は水無月・Rの無法地帯&大長文&ネタバレあり、が始まりますんで、お付き合い頂ける心の広~い方だけ、どうぞ~(笑)。... [続きを読む]

» 【キケン】 有川浩 著 [じゅずじの旦那]
必要もないのに毎日のように、うっかりすると休みの日まで部室に入り浸っていたあの頃・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語・・・青春、どっ、、、ストライク、な本。この本は、物語の感想を書くものではないな。本を読みながら、自分の思い出の世界に浸るものだと思う。... [続きを読む]

» キケン【67】 [サイとはいかが?]
キケン(2010/01/21)有川 浩商品詳細を見る ◆基本データ 著者:有川 浩 イラスト:徒花スクモ 出版:新潮社 初版:2010/1/21 世界観:現代、大学 主要人物:理系男子大学生 ジャンル1:青春 ジャン...... [続きを読む]

« 千年の祈り | トップページ | マタタビ潔子の猫魂 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック