2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 天平冥所図会 | トップページ | かのこちゃんとマドレーヌ夫人 »

2010.02.15

やつがれと甘夏

やつがれと甘夏―絵本漫画  くるねこ大和 2010 幻冬舎

くるねこさん、初の恋話!?
……と聞かされながらも、油断はしていけない。
なぜなら、前作のことがあるからだ。

やつがれは、チビ太と一緒に住んでいる。
チビ太の母親はいない。チビの後に拾われた仔猫である。
そう。ちゃんと忘れ物を取って、戻ってきたのだ。
鍼の先生も奥さんをもらい、毎日はのどかに過ぎ行く。
その中で、やつがれが一目惚れをしちゃったもんだから、どーなる?

干からびるほど、泣いて泣いて、その後に、それでも続く毎日。
前回は子を喪う悲しみであったが、今回は親を亡くす悲しみである。
それぞれの悲しみを抱えながら、新たな出会いもあれば、出会いがもたらす喜びもある。
だから、きっと生きていくことはできるから。
その悲しみが重くなくなる時がきっと来るから。
悲しみに打ちのめされず、そっと空に帰すような爽やかさを感じた。

白大福というのも、めでたくてよい比喩じゃないですか。
いやー。甘夏ちゃんが、度胸の据わった、根性のよい子なんだわ。
途中、案の定、しんみりとしてしまったが、ほっこりしながら本を閉じた。

仲良くおなり。みんなみんな仲良くね。
幸せになるんだよ。せっかく生まれてくることができたのだもの。

« 天平冥所図会 | トップページ | かのこちゃんとマドレーヌ夫人 »

**死を思うこと**」カテゴリの記事

**猫が好き**」カテゴリの記事

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/33390121

この記事へのトラックバック一覧です: やつがれと甘夏:

« 天平冥所図会 | トップページ | かのこちゃんとマドレーヌ夫人 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック