2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 三千世界の鴉を殺し(15) | トップページ | さりながら »

2010.02.26

司書はなにゆえ魔女になる

司書はなにゆえ魔女になる  大島真理 2009 郵研社

図書館司書に憧れたことが2回、ある。
本が好きで、図書館が好きで、司書資格も取った。
その後、研究者の助手のように、秘書のように、専門的に資料を集める役割をする司書の姿をアメリカの小説で読んで、すごく憧れた。
シャーロット・マクラウドのコージー・ミステリ、シャンディ教授シリーズを読んだときのことだ。
研究者になるより、研究者の助手の役割を担うほうが、自分に合う気がした。結局は、研究者にも司書にもならなかったわけであるが。

いずれも短文で読みやすいエッセイである。
この人のエッセイを読むのは、初めてだ。図書館司書の経験があり、今は司書養成に携わる人のようだ。
エッセイは3部からなり、図書館に関わるもの、図書に関わるもの、映画に関わるものとわかれている。
三浦しをん『月魚』に触れている文章を読み、上記のシャンディ教授の妻ヘレンを思い出したのだ。

タイトルに惹かれて買ったわけであるが、その人にぴったりの本を見つけ出すことは、なるほど、魔女の仕業と呼ぶにふさわしい。
そしてまた、気に入った本や映画を誰かに勧めたくなるのが、司書の心意気というものではないか。
最近の図書館事情に興味がある人が読むのもいいだろう。
また、次に読みたい本、観たい映画を探している人にも参考になるのではないか。
本文とは無関係であるが、購入時から挟まれていた出版社の栞がなかなか綺麗で、趣味がよかった。

西の魔女のように。
私は私で言葉を紡ぐ。
毎日の、当り前の日常をいとおしみながら。

« 三千世界の鴉を殺し(15) | トップページ | さりながら »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。TBさせていただきました。
先日はメールをありがとうございました。
ブログには会社の人が見ている可能性があるため、メールの件はまだかけていないのですが、後ほど載せる予定です。
この作品は、それが決まる前に読んだ作品です。
図書館司書の目線で描かれているのがいいですよね。
やっぱりリアルさを感じます。
映画も本も、気になる作品ばかりでした。
でも、まさか「月魚」の事が出てくるとは思わずびっくり。
取り上げていただいて嬉しかったです^^

苗坊さん、こんばんは☆
この本、苗坊さんを思い出しながら手に取りました。
図書館業界の事情は決して明るいとは言えませんが、それでもなお、一人ひとりの志が現状を変えていく力となりますように。
そんな祈りが心に湧きました。
がんばれ~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/33543335

この記事へのトラックバック一覧です: 司書はなにゆえ魔女になる:

» 司書はなにゆえ魔女になる 大島真理 [苗坊の徒然日記]
司書はなにゆえ魔女になるクチコミを見る 司書が魔女的能力を発揮するとき。 知られざる世界の図書館事情30のエピソード。 本(11冊)と映画(14本)の水先案内も。 最新版です。ようやく追いつきましたし、順序も合いました^^ 今回も同じく図書にまつわる話や本や映画....... [続きを読む]

« 三千世界の鴉を殺し(15) | トップページ | さりながら »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック