2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 「イタい女」の作られ方:自意識過剰の姥皮地獄 | トップページ | 鉄錆廃園(1-4) 愛蔵版 »

2009.12.31

ゼロ

買ったきっかけ:
デビューからしばらく好んで読んでいたマンガ家さん。救いがない物語も書くが、ユーモアのセンスもある人。この人のファンタジー作品は特に好きだったので、ネットの本屋さんで見つけた時につい、ぽちっと……。

感想:
やっぱり、この人のファンタジーはいいですねぇ。短いけど、たっぷりと浸ることができます。ファンタジーとしては王道の作品。
やや見づらい絵柄なのですが、表情たっぷりで人間味のあるキャラクター作りに、今回も魅力を感じました。

おすすめポイント:
嫁ぎ先の二の国で虐待されていた六の国の姫は帰国し、新たに四の国に嫁ぐ。運び屋と護衛の三人だけの旅。
余計な説明はなく、最低限に削ぎ落とした要素だけで、寓話的に物語を描く手腕は見事です。とても単行本1冊におさまっていることが不思議になる、世界と時間の奥行きがあります。

ゼロ (バーズコミックスデラックス)

著者:藤田 貴美

ゼロ (バーズコミックスデラックス)

« 「イタい女」の作られ方:自意識過剰の姥皮地獄 | トップページ | 鉄錆廃園(1-4) 愛蔵版 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/32803683

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ:

« 「イタい女」の作られ方:自意識過剰の姥皮地獄 | トップページ | 鉄錆廃園(1-4) 愛蔵版 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック