2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 世界が完全に思考停止する前に | トップページ | クォン・デ:もう一人のラストエンペラー »

2009.11.09

アガルタ・フィエスタ!(4):祭りの終わり

アガルタ・フィエスタ!〈4〉祭りの終わり (電撃文庫)  三田 誠 2007 電撃文庫

最終巻である。
やっと借りることができ、順番を繰り上げて読んだ。
そして、終わっちゃったー。

ここまで来て、80年代頃までの日本のSFを思い出した。私が読んでいたのは、小説じゃなくてマンガだったのであるが。
真っ先に思い出したのは、神坂智子のシルクロード・シリーズだ。
ほかにも、水樹和佳『イティハーサ』であったり、山田ミネコのハルマゲドン・シリーズなんてものもあった。
エスニックな舞台と、過去と未来が交錯し、地上と天上が交流する。
壮大な世界観を背景に、滅び行くものの微かな退廃と倦怠と憂鬱をにじませる空気。
懐かしいなぁ、と思った。

主人公まどかと、そっくりさんの早鬼。一巻から始まった対決に決着がつく。
まどかをサポートするのは、詩奈、クロード、グラコス。
別働隊は、雛乃さんにラサ。援軍?はククルカンと伯爵。
人質となっているのは、イセリアとアルシア。
早鬼に味方するのは唯一、水蓮だけ。
登場人物が勢ぞろいして、まどかと早鬼の根源と、アガルタの結末が、それぞれ明らかになっていく。

相変わらず、父親不在の物語だ。
三田さんの話は父親不在がデフォルトなのかな?
不在の父親に対抗して、エディプス期を乗り越えて成長していくことはできるのか。
まどかにとって、ある意味、父親の代替となったのが早鬼であったのかもしれない。

今はもう失われて取り戻せない、あの時、あの場所から。
そこから紡がれる祈りは未来へ。
そこへと振り返る祈りは聖地へ。
誰もが幸せになりたくて祈る。その力が、困難を乗り越える。
とてもハッピーな終わり方が、この明るくて元気のよい物語にぴったりだった。

« 世界が完全に思考停止する前に | トップページ | クォン・デ:もう一人のラストエンペラー »

小説(日本)」カテゴリの記事

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アガルタ・フィエスタ!(4):祭りの終わり:

« 世界が完全に思考停止する前に | トップページ | クォン・デ:もう一人のラストエンペラー »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック