2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« アガルタ・フィエスタ!(3):アトランティス・アタック! | トップページ | 人を励ますのが苦手な人のための50の簡単な方法 »

2009.09.30

(雑誌)落照の獄

小野不由美 2009 yom yom7月号vol.12

小説だから、こういうことができる。
この作品の重たさは、呼応して、読み手に現実を想起させるからだろう。

ひとつは、報道で接する凶悪殺人であり。
もうひとつは、今年から始まった裁判員制度であり。
さらに、死刑という制度に対する賛否であり。
果たして人は人を裁くことはできるのか。
そして、漫然と広がる暗い時代の予感。

舞台は北方の柳国。
王の治世は百数十年。落ち着いた法治国家であったが、何か変化の兆しがある。
国が傾く。
その予兆は、目を背けたくなるほど、浮足立ちそうになるほど、漠然とした不安を駆り立てる。
民衆が不安に駆られたとき、世論は暴走しがちになる。政府や報道も例外ではない。
滅びが近づいている。
その時代のうねりが多すぎて、一人の人ではどうにもできない。手の届かないところで何かが見落とさていく。手から大事なものがすり抜けていく。
気持ちが、どうしてこう伝わらないのだ。そのもどかしさ。
歯がみをしても、もう遅い。

連続殺人と大量殺人は定義を異にする。作中の問題提起者となる狩獺は連続殺人である。
が、私は大阪教育大付属池田小学校事件を想起せずにいられなかった。
死刑になりたいからと、誰でもいい他者を殺してみせる、その精神性を思い出しながら読んだ。
死刑になりたいからと言って罪を犯した人を死刑にする。その営みに無力感や徒労感を感じる。
かといって、罪を犯した人をそのままにすることはできない。
では、ふさわしい罰とは何か。

馴染みの主要な登場人物らは誰も出てこないことは寂しいが、十二国記を初めて読むという人にも違和感は少ないかもしれない。
ずっしりと重たい。読みごたえはさすがであった。

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌] yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アガルタ・フィエスタ!(3):アトランティス・アタック! | トップページ | 人を励ますのが苦手な人のための50の簡単な方法 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

重たいお話だったね。このシリーズはいつも深く考えさせられることが多いんだけど、その中でもこれはダントツかもしれない・・・ってくらいでした。

馴染みの登場人物達にも会いたいなぁ・・・。

なじみの人が誰も出てこないという点は期待はずれであったんだけど、期待以上に読み応えのある短編でした。この作品に関しては、これ以上の長さがあったら読むのが苦しくなる……。それぐらい重たかったです。
「人を裁く」ことは己を裁くことに跳ね返るのだもの。こんなに考えて考えて出して結論なら、やっぱりこれ以上はなかったんだと思うんだ。私も裁く行為は感情論になってはいけないと思うから、主人公の最善は疑わないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/31586844

この記事へのトラックバック一覧です: (雑誌)落照の獄:

» 落照の獄(小野不由美) [Bookworm]
yom yom 2009年 10月号掲載の「十二国記」シリーズ短編。 [続きを読む]

« アガルタ・フィエスタ!(3):アトランティス・アタック! | トップページ | 人を励ますのが苦手な人のための50の簡単な方法 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック