2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« (雑誌)蝉丸 | トップページ | ZOO2 »

2009.08.04

あの海の日

あの海の日  野寺治孝 2006 ピエ・ブックス

南の島に行きたくなるとき。なにもかも置いて、なにもかも忘れて、なにもかも捨てて。
そんなときは、南の島の山にわざわざ行こうとは思わない。
やっぱり、憧れるのは海辺なのだ。

海の青、空の青に溶けてしまいたくなるような憧れを持つときは、きっと自分が疲れているのだと思う。
白い浜、白い波、白い雲。人も目に映らぬほどの広い空間の中で、ただただぼうっとしてみたい。
そんなときに、とりあえず、今いる場所から気持ちだけ逃避するのに便利なツールがこの本。
まるでよく冷房の聞いたホテルの窓から眺める浜辺の景色のように、心が誘われる写真集だ。

お気に入りの一枚を見つけたら、しばらく見入ってみよう。
汗ばむ気温、潮の香り、止むことのない波の音、潮を含む風の爽やかだけどべたつく感じ、肌をじりじりと灼く日差し。
きりりとよく冷えたモヒートを片手に、多分、夏の旅行のプランが頭に浮かんでいるだろう。

« (雑誌)蝉丸 | トップページ | ZOO2 »

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/30826101

この記事へのトラックバック一覧です: あの海の日:

« (雑誌)蝉丸 | トップページ | ZOO2 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック