2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« フリーター、家を買う。 | トップページ | レインツリーの国(文庫本) »

2009.08.31

月魚

月魚 (角川文庫)  三浦しをん 2004 角川文庫

月下に照らされた静かな庭。
水底にはいるとも知れぬ魚。
店の主と池の主の凍った時。

古本屋が舞台というと、京極堂をすぐに連想してしまったが、中身はかなり違う方向だ。
名店の三世代に渡る葛藤の連鎖の物語という点では、むしろ初期の梨木作品のほうに通じる。
偉大な祖父と有能な孫。その間から、去らざるを得なくなった父親。
それが、主人公の真志喜を貫く縦糸になっている。

真志喜の横糸は、幼馴染の瀬名垣との間でもつれている。
瀬名垣は真志喜の父親を追い出した罪を思うからこそ、近づけず。
真志喜はその罪で瀬名垣を繋ぎとめている引け目から、近づけず。

BLと言えば、BL風味。
真志喜と瀬名垣の間には、友情と呼ぶだけで物足らないセクシュアルなニュアンスが漂う。
女性の登場人物も近所に在住の友人のみすずや、取引先のお客さんぐらいであって、真志喜や瀬名垣の母親すら不在だ。祖母は言うに及ばず。
しかし、BLと一くくりにして片付けてしまうのはもったいないぐらい、静謐で濃密で耽美な空間設計がなされている。
大手を振って愛し合える人々だけでは、愛することのもどかしさやじれったさや、それでも愛さずにはいられないひたむきさを描くのは難しいのだから、ここはもうBLも仕方がないってことで。
性愛の描写は匂わせる程度に極力抑えられており、そこに、2人の高校時代を描いた「水に沈んだ村」が加わることで、まさに2人の関係性が「名前のないもの」に還元される気がした。

本編もいいが、「水に沈んだ村」の夏休みの終わりの花火を見上げる景色もよかった。
今年、友人達と見上げた花火を思い出す。最後の夏を噛み締めながら、見惚れた夜空。
通り過ぎた季節を思い出しては青臭さに面映くなるけれど、安易に名付けたくない、そんな大事なものがある。

« フリーター、家を買う。 | トップページ | レインツリーの国(文庫本) »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんわ。
わたし、これ、とても好きでした^^
三浦しをんさん、何故か初めて読んだのがこの作品だった気がします。
BLなので、気軽におオススメし辛い一冊ではあるんですけれど、
BLでは括れない香り高さと奥行きがありましたよね。
素敵なレビューを書いてくださって、ありがとうございます♪
・・って、わたしがお礼言っちゃってるのは変ですけれども;;

susuさん、ども。
うわぁ。レビューにお褒めの言葉をいただくなんて。
こちらこそ、ありがとうございます!

雰囲気のある、ちょっとはまっちゃうような世界でしたね。
ファンが多いのも頷けました。

こんばんわ。TBさせていただきました。
しをんさんの作品の、初読がこの作品でした。
BLっぽさもありますが、おっしゃるとおり、それだけでは言い表せないくらいの濃密さがありますよね。
瀬名垣と真志喜の関係もそうですが、2人を縛っている過去についても古本屋についても本当に細かく描かれていて、すばらしいと思います。
しをんさんならではの世界観が描かれていますよね。結構好きです。
しをんさん、何かのエッセイでBL小説にはなぜ女性が登場しないのかを熱く語っていたことがあり、自分が書くならかわいい女の子を登場させたいといってたんです。
だからみすずちゃんが登場したのかなとふと思いました。

苗坊さん、こんばんは☆ 人に勧められて読んだのですが、ファンが多い作品だったんですねー。

私は、BL好きとまではいかないですが、時たま手を出します。
それが小説でも、マンガでも、女の子をかわいく魅力的に描き出している作者に出会うと好感を持ちますね。
女性キャラを肯定的に描けるかどうかは、おそらく女性であるとおぼしき作者が自分の女性性をどれぐらい肯定的に受け止めているかを指し示すのではないか、と深読みしてみました。
あくまでも深読みですが。笑

香桑さん、こんばんは(^^)。
何とも美しい、スンバラシイ物語でした。
BLなのに抵抗感なく読めるんだから、スゴイ!ですよね。
このただならぬ感は、ホント、いいですよ~!
みすずちゃんの、みずみずしい無邪気な奔放さが、とても素敵だと思いました。
無邪気だけど、真志喜と瀬名垣を温かく見守っているところが、同い年なのにお母さんな感じですね。

水無月・Rさん、こんばんは~!!
余韻を長く楽しみたい小説でした。BLってくくりじゃなくて、ちゃんと「小説」というくくりにしたくなるのです。
作者の計算がすごいなぁ、と思わずにいられませんでした。
確かに、みすずちゃんがみんなのお母さんですね。そう言われて、すとんと落ちた気がします。なるほど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/31179879

この記事へのトラックバック一覧です: 月魚:

» 月魚 三浦しをん [苗坊の徒然日記]
月魚 月魚 オススメ! 秘密を抱え、彼は彼に会いに行く。あの雑木林の向こう、古書店「無窮堂」まで。 瀬名垣太一は古書店「無窮堂」で向かっていた。 都心から遠くもないその場所は、珍しく雑木林がある。 その古書店には、幼馴染の本田真志貴がいる。2人は友人だ....... [続きを読む]

» 『月魚』/三浦しをん ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
相変わらず、ただならぬ微妙な関係が、池の底の泥のように、沈んでいますねぇ・・・。三浦しをんさんの描くただならぬ物語は、素敵だわ~(笑)。 小心者で小市民な水無月・Rも読める、あのあやうい友情とも愛情ともつかぬ関係・・・いやぁ~、ドキドキしましたよ。 お盆休みの帰省の新幹線の中で読んだのですが、今でもあの「ただならなさ」を思い出すと、心がかき乱されますね~。うう~む。よかったわぁ、『月魚』。... [続きを読む]

« フリーター、家を買う。 | トップページ | レインツリーの国(文庫本) »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック