2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 里山のレシピ:益子・スターネットの台所暦 | トップページ | 狐笛のかなた »

2009.08.30

イスカリオテ(3)

三田 誠 2009 アスキー・メディアワークス電撃文庫

英雄は呪われた。

いや、英雄は呪わなければらない。
救世主が処刑されたように。裏切られなければ、彼の復活はなかった。
聖人が迫害されたように。殉職することがなければ、列福することはなかっただろう。
呪われてこそ、英雄は英雄になる。英雄には悲劇が約束されているものなのだ。

呪われた英雄の末路として、九瀬諌也の親友と名乗る男が現れる。
壬生蒼馬。青ざめたる馬に跨る者は、死神と決まっている。
その断罪衣は、ロギヌス。得物は、規格外に長い刀。
ロンギヌスなら槍がよかったなぁ。白黒の槍対決だったらよかったのにー。
そこだけ不満。むーん。

朱鷺頭玻璃のもう一つの顔のほうが、だんだんと重要度をあげていっている。
ベスティア達が何を望むのか。物語はまだまだ続きそうで先が見えない。
ノウェムが徐々に感情的になっていくところが微笑ましい。
その手を握っている限り、イザヤは簡単には堕落できない……はず。

本物の英雄にならないほうがいいと思うよ。

« 里山のレシピ:益子・スターネットの台所暦 | トップページ | 狐笛のかなた »

小説(日本)」カテゴリの記事

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスカリオテ(3):

« 里山のレシピ:益子・スターネットの台所暦 | トップページ | 狐笛のかなた »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック