2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« (雑誌)好きだよと言えずに初恋は、 | トップページ | あの海の日 »

2009.07.26

(雑誌)蝉丸

中山可穂 2009 野性時代8(vol.69)

うっとりするほど美しい。
『弱法師』に続く、能の作品をもとにして書かれた小説だ。
枚数も多く、能のあらすじよりもずっと複雑な読み応えのある物語になっている。
アンコールワットを舞台に、エロスとタナトスを包み込む天上の音楽に酔う。

この中山の小説も載っていることが、雑誌を買う後押しになった。
ヴィオラ・ダ・ガンバが出てくる小説は、『千年医師物語』以来だ。
たった一つの楽器の名前で、それだけでもテンションがあがった。

蝉丸と逆髪。
能では盲目の琵琶法師に身を落とす蝉丸は、両性具有的な魅力のカウンターテナーの美青年。
蝉丸の姉である逆髪は、髪が逆立つ病を持つ物狂いの皇女であるが、攻撃的なギターを弾く女性となる。
蝉丸の世話をする博雅を加えた三人の関係は、親密なものから緊張をはらむものへと転じていく。
互いを思うあまりに、首を絞めあうような、抜き差しのならないものへと転がり落ちていきそうな。
しかし、愛は自分を殺すことはできても、相手を殺すことはできない。

髪は、霊力を宿すという。
歌舞伎でも、神楽でも、異能の霊力を表す時には、ばさばさの長い髪を装うことが多い気がする。
古来、物狂いは巫女の資質でもあるから、逆髪という造詣は女神の訪いであるとも読めまいか。
皇女は斎宮になる資格も持っており、天皇と斎宮は、兄妹神もしくは姉弟神の具象である。
そんな連想をしてみたが、この小説では、逆立つ髪は本当は心優しい女性の怒りの表現になっている。

その後、どうなるのだろう。どうなったのだろう。
私の好きな歌の一つである。

  これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関

野性時代 第69号  KADOKAWA文芸MOOK  62331-71 (KADOKAWA文芸MOOK 71) 野性時代 第69号 KADOKAWA文芸MOOK 62331-71 (KADOKAWA文芸MOOK 71)

販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« (雑誌)好きだよと言えずに初恋は、 | トップページ | あの海の日 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/30697499

この記事へのトラックバック一覧です: (雑誌)蝉丸:

« (雑誌)好きだよと言えずに初恋は、 | トップページ | あの海の日 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック