2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 人間失格 | トップページ | イスカリオテ(2) »

2009.06.11

さくらん

買ったきっかけ:
映画を見損ねたなぁと思っていたら、原作を借りることができました。

感想:
遊女のまことというのは難しい。
体ばかり求められても、心が嘆くし。
体ひとつも求められなければ、それはそれで心が嘆く。
遊女の恋の難しさは、そのまま、女性にとっての恋の難しさにほかならない。
三界に家のない女の身であれば、大門の内も外も苦界であるのだ。

ほれるのも地獄、ほれられるのも地獄という思いは覚えがあるので、あーあと溜め息が出たきり、なんだか感想が浮かばない。

おすすめポイント:
もう少しはっちゃけている感じかと予想していたら、遊女の描き方としてはオーソドックスなほうだと思う。
が、主人公きよ葉の元気のよさは、好感度が高いだろう。女子同士のどろどろ具合は、教室の中で展開されているとモノと、衣装が違うだけで共感しやすいだろうし。
目新しくはないと思うんだけど、江戸時代ものにはまる入り口の一つとしていいんじゃないかな。

さくらん (イブニングKCDX (1829))

著者:安野 モヨコ

さくらん (イブニングKCDX (1829))

« 人間失格 | トップページ | イスカリオテ(2) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

**女であること**」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらん:

« 人間失格 | トップページ | イスカリオテ(2) »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック