2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 猫の本:藤田嗣治画文集 | トップページ | コミュニケーション不全症候群 »

2009.05.24

海の底(文庫本)

海の底 (角川文庫)  有川 浩 2009 角川文庫

買うのは買っていたんですよ。この本。
こっちを持っておいたら、「前夜祭」の入っている雑誌のほうが処分してもよいかな、と思って。
有川作品の中では一番のお気に入り。単行本で何度も読んでいるので、買うだけ買って積んでいた。

今朝、なんとなく手に取った。
ぱらぱらとめくってみた。

……はまった。

あー。
何度も読んだ本なのに、読み始めたら止まらない~っ。
展開も、下手したら台詞も、憶えているのに、引き込まれて止まらない~~っっ。
ここもあそこも、好きなシーンの目白押し。
拭いても拭いても涙が出てくる、あれやこれやの名場面。
結局、最後まで一気読みしてしまいました。

おかげで朝食を食べ損ねて、昼食も遅くなってしまったぐらい。
うん。やっぱり、この本が私の中で有川作品第一位。
あー。面白かった。面白いというと語弊があるけど、面白かった!!
叫んだから、すっきりしたー。ついでに『クジラの彼』も読んじゃえー。

まじめなレビューは、単行本『海の底』のほうをご覧ください。

« 猫の本:藤田嗣治画文集 | トップページ | コミュニケーション不全症候群 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

ホント、何度読んでもはまっちゃうよねぇ!そして毎回、同じところで涙ぐんでしまう(笑)
私も有川作品ではこの「海の底」が一番、好きです~♪

そーなの!!
お前、何度目だーっ!と自分に突っ込みながら、テッィシュペーパーを何枚も使ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/29776293

この記事へのトラックバック一覧です: 海の底(文庫本):

» 海の底【文庫版】(有川浩) [Bookworm]
『・・・うみ、うみ、うみ、うみ、うみーーーっ!!』 という心の声を無視できずに、渋々手に取りました。 [続きを読む]

« 猫の本:藤田嗣治画文集 | トップページ | コミュニケーション不全症候群 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック