2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 聖☆おにいさん(3) | トップページ | 愛すべき娘たち »

2009.04.16

(雑誌)ヒトモドキ

有川浩 Story Seller vol.2 2009年春号

言葉は通じる。でも、話は通じない。
そんな相手に、「話し合えればわかるはず」という理想は幻想だったことを思い知らされたことがあるだろうか。
そういう体験のない人が読んだなら、どのように感じるのだろうか。空想だと切り捨ててしまうだろうか。

でも、そういう話が通じない気持ち悪さを、私は知っている。
だからこそ、この小説に引き込まれた。途中で手放せなくなるような気持ち悪さだ。
明るい話を読みたかった気分だったにもかかわらず、寝る前の読書時間が夜更かしの元となってしまった。

こういう人っているよなぁ。
人というか、ヒトモドキな人。
本人は困らず、周りを困らせるような人のことだ。
そういう人を伯母にもった女性が、この話の主人公だ。

それを性格や個性として捉えるか、疾患や障害として捉えるか、どっちがふさわしいのかわからないけれども。
近所であるだけで被害をこうむることもあるが、親戚となればその被害の後始末を背負わされかねない。
戦後の民法に変わって何十年も経つのに、依然として旧民法のような精神風土の地方都市に住んでいると、切っても切れない縁というものに慄然とする。
どうか、迷惑だけはかけないでくれ。何を起こしてくれてもいいから、他人でいてくれ。縁もゆかりもない、他人で。

有川さんは、こういう周りを困らせる人、困らせられている人を、結構、書いている気がする。
その点、珍しいとは思わなかったが(なにしろ作風が拡大中の作家さんだし)、ラブコメを期待すると肩透かしにあうだろう。
殺人が起きなくてよかった。やれやれ。

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌]

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 聖☆おにいさん(3) | トップページ | 愛すべき娘たち »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

どもども。
「ラブ」とか「萌え」を期待して読むと、かなりの肩透かしですね。でも、こういうのも好きなので、長編でも書いてくれないかなーと思います。・・・長編になると、どんなお話にも「ラブ」や「萌え」がはいってくるかもしれないけど(笑)

私も、これは「殺人」話だと思って読んでました^^;

どもどもども。
冒頭では初のノワール?と思ったんですが、この展開のほうがかえって現実味がありますねー。
この後、スエードのブレザーを着るのが、なんとなくためらわれてしまいました。(^^;;
目先が変わって、いい感じだと思います。

香桑さん、こんばんは(^^)。
有川さん、どんどん新境地開拓ですね。
萌えはないけど、こういうのも好きです♪
殺人じゃなくて良かったと思うのは私もです(笑)。

香桑さん、ごめんなさい~!
TB、「ヒトモドキ」じゃなくて『Story Seller vol.2』でやっちゃってました・・・!
再度「ヒトモドキ」でTBしてますんで、『Story Seller vol.2』のTBの方、消してください。
お手数おかけします。すみません。

水無月・Rさん、こんばんは☆
有川さんの新境地がどっちに広がっていくのか、今後も楽しみです。
読み終えてから、真っ先に殺人を予想した自分の黒さに軽くへこみました。笑

ところで、こちらこそ、すみません。実は、どちらのTBも届いていないのです。
もしよろしければ、もう一度再送していただけると嬉しいです。
毎度、お手数をおかけいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/29136942

この記事へのトラックバック一覧です: (雑誌)ヒトモドキ:

» ヒトモドキ(有川浩) [Bookworm]
Story Seller Vol2(小説新潮5月号別冊)掲載の中編。 [続きを読む]

« 聖☆おにいさん(3) | トップページ | 愛すべき娘たち »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック