2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 母が重くてたまらない:墓守娘の嘆き | トップページ | 彩雲国物語(18):黄梁の夢 »

2009.04.29

かぐや姫の結婚:日記が語る平安姫君の縁談事情

繁田信一 2008 PHP研究所

月に帰るかぐや姫の解題ものかと思いきや、『小右記』という藤原実資という貴族が書いた平安時代の日記を解説したものである。
藤原道長の一族が栄華を極める頃、道長反対派でありながらも敬意も払われた名門貴族にして賢人。その実資が、老いてから得た娘に長生きするように祈りをこめて千古と名づけた。その娘は世に「かぐや姫」と呼ばれたという。
帯のコピーが最悪だと思ったが、面白かった。幸せを探した女性の物語ではなく、愛娘の幸せを求めてやまない父親の物語である。

本屋さんで見かけたときに気になり、他の本屋さんでも見かけたときに買うことを決めた。久しぶりに、「呼ばれた」本だったのだ。
平安時代の雰囲気は好きだし、古文の音の響きは大好きだ。文化史になると、もひとつ興味深く思う。
とはいえ、源氏物語といえば『あさきゆめみし』を真っ先に思い出す程度の私であるから、『更級日記』『大鏡』『栄花物語』のタイトルは知っていても読んではいない。
これらの日記ものや平安時代の文学を好む人にとっては、この『かぐや姫の結婚』は姫君たちの実際の生活をより具体的に理解するための助けになるに違いない。
また、生活を知ることから、彼女たちのメンタリティにまで迫ることができるだろう。姫君たちを育み、取り巻く価値観や世界観を知ることは、文学を読むときの理解を深めてくれる。

『小右記』は、実資が982年(天元5年)から1032年(長元5年)ぐらいの間、書いたものが残っているのだそうだ。この本を読んでいると実に残念になるのだが、ところどころは欠損している。
実に50年分の日記。しかも、漢文で書かれている。
それを読みこなせるのだから、著者はすごいなぁと羨ましくなった。漢文や古文を、その美しい響きの音のまま、読むことができるなんて。
こんな風に読めるなら、世に読むことができる書物の世界がぐーんと増えるではないか。一次資料を読みこなせるというのは垂涎である。

それにしても、道長って嫌なやつだなー。下半身のけじめがついていないから、多くの娘にも恵まれて、権勢を得ることができたんだけどさ、見境ないなぁ。
そういう感想を述べたくなるほど、登場する貴族たちは実に人間臭い。著者の目線はどの人にも公平で、語られていない部分も緻密に推理を重ねながら、歴史の中に名を残す人々の人間らしさを織り上げていく。
婚姻関係も単純な一夫一婦制ではなく、養子縁組もあるようなややこしい人間関係については、その場ごとに相関図が示されている。
また、日記の時点ごとに、関係者たちの年齢や身分の一覧表が作られていたり、貴族の長寿番付なんてものが整理されていたり、通時的にも継時的にも事態を了解しやすく配慮されている。
古典を読むときに、身分が変わることや、身分が変わることで呼び名が変わることに戸惑わされることがあるが、そういったシステムがどのようなルールで動いていたかも、この本は教えてくれた気がする。

物語ではないからこそ、「もしも」は成り立たない。
すでに過去のものとなっている歴史を誰も変えられない。
時間は流れ去り、それを取り戻すことはできないのだ。
これが物語であったなら、もっともっと幸せな結末を思い描いたかもしれないが、人生とはままならぬものである。今昔を問わず。
昔の人の人生をそのまま味わうことの悲喜が切なく、月を見上げたくなった。

« 母が重くてたまらない:墓守娘の嘆き | トップページ | 彩雲国物語(18):黄梁の夢 »

## 今は昔:貴族の世」カテゴリの記事

**父と娘の間**」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんは(^^)。
ずっと前からおススメ頂いていた『かぐや姫の結婚』、ようやっと読みました。
あの文句言いの実資小父様(by『千年の沈黙』シリーズ)の、実は遅くに生まれた娘を溺愛していて、行列見物に出かけたり、結婚相手探しにやきもきしたりと、とても興味深かったです。
あの時代の姫君たちは、自分で人生を切り開くことが全くできないのですねぇ…。

水無月・Rさん、こんばんは☆
読んでくださってありがとうございます♪ 実資おじさまのキャラのおいしさUPになっていたらいいなぁ。
この本を読んで初めて、源氏物語の葵上や三の君らの苦しさが感じられるようになりました。
六条御息所についても。
お姫様って大変。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/29343360

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや姫の結婚:日記が語る平安姫君の縁談事情:

» 『かぐや姫の結婚』/繁田信一 ○ [蒼のほとりで書に溺れ。]
平安時代は、結構好きな時代である。 2008年が『源氏物語』千年紀だったということで、あのころは『源氏物語』がらみの平安時代の小説や評論なんかも、たくさん出ていましたね。 実はこの『かぐや姫の結婚』も、その頃に読んだ森谷明子さんの『千年の黙 ~異本源氏物語~』のシリーズを読んだ時などに、〈香桑の読書室〉の香桑さんにお勧めいただいてたんです。 だいぶん経ってしまったけど、読んでよかったですわ~。 ただ…、基本「物語読み」の私には、読みにくかった(笑)。 著者・繁田信一さんは、民俗学...... [続きを読む]

« 母が重くてたまらない:墓守娘の嘆き | トップページ | 彩雲国物語(18):黄梁の夢 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック