2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 夏目友人帳(1) | トップページ | プラナリア »

2009.01.26

地球人のお荷物:ホーカ・シリーズ

地球人のお荷物―ホーカ・シリーズ (ハヤカワ文庫SF)  ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン
稲葉明雄・伊藤典夫(訳) 2006 ハヤカワ文庫

この表紙を見よ。
可愛いでしょー?
あまのよしたかさんのふかふかテディベアのイラストは、よく見るといろんな格好をしている。
あまりの懐かしさに見つけ次第、購入。再版されているとは知らなかった。

ホーカ・シリーズと題されるシリーズの1巻で、ハヤカワ文庫から3冊出ていたはずだ。
もともとは1972年初版の古きよきSFで、今回は新井素子さんの解説を加えて新装版として発刊されている。SFと言っても難しいことは何も出てこない。
確か、高校生の頃だったと思う。友人から借りたシリーズなのだ。
ほいほいと本を買うには、文庫本とはいえ、お小遣いが足りなかった頃。
イラストの可愛さとストーリーの面白さが忘れられず、社会人になってから探したときには入手困難になっていた。2冊目だけ、古本屋で見つけることができた。
残念なことに、2冊目の『くたばれスネイクス』、3冊目の『がんばれチャーリー』は絶版のままだ。
なんでだーっ。どうせなら、3冊とも出してくれ~。

表紙のテディベア達は、ホーカと呼ばれる異星人。人というか類熊人。トーカという星に住んでいる。
記憶力と想像力にすぐれていて、本を読んだり、映画を見たり、オペラを見ると、その世界を再現してしまう。西部劇にドン・ジョヴァンニ、カリブの海賊、あるいは、シャーロック・ホームズ……。
彼らは気に入った空想世界を見つけると、現実をそれに近づけてしまう。衣装を身に着け、町も作り変え、作中の人物を名乗り、物語の筋書き通りに生活しようとするのだ。
まさに、costume play。いわゆる「コスプレ」ではなく、もともとの芝居の一ジャンルとして、ある時代の「衣装を身に着けた演劇」を日常生活で繰り広げようとするのである。
プレイは演じることであるが、もちろん、遊ぶことでもある。彼らはとても遊び心に満ち溢れた種族であるといえよう。
ついでに、彼らは酒に強くて、力も強い。他者を傷つけるのが大嫌いな心優しい種族でもある。

ただし、トーカの大地に不時着し、ホーカに出会い、彼らのプレイに巻き込まれる主人公アレックスのほうは、たまったもんじゃない。
ホーカ達は自分たちのプレイを、人間のために中断することはしない。容赦なく、アレックスにも役回りを押し付けて、問答無用に物語にひきずりこんでいく。
当然、いろんな出来事が起こる。そのドタバタを笑いながら読ませてくれる、穏やかで楽しい、平和でお気楽なSFなのだ。

英語圏文化による世界の啓蒙という路線、アレックスはトホホ属性のヘタレキャラだが、恋人のタニは美人で嫉妬深く、ややヒステリックな女性という造詣。そういったところで、古さのほうを感じないわけではない。
なにしろ、オリジナルが書かれたのは1950年代だもの。ただ、それも一つ目の短編ぐらいで、話が進むほど、ホーカ達の大騒ぎの前に、文化や性差の偏見の入る余地はなくなる。
今、読んでも十分に楽しめる魅力的な小説だから、復活していて嬉しかった。解説は……別にいいかな。

« 夏目友人帳(1) | トップページ | プラナリア »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(海外)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。なんだかわたし・・
香桑さんのレビューの中のゆるゆる枠担当みたいなことになっておりますが^^;
エヘヘ。こちらのブログを散策中に掘り当てました。
素敵な本を紹介してくださり、ありがとうございました!
最近、古典ミステリが気になっているのですが、古典SFもよいですね♪

susuさん、どもです。うわぁ、光栄です!
きっかけにしていただけるなんて、こちらこそありがとうございます。

10代から20代にかけて、一番読んだのはハヤカワ文庫だった気がします。海外のSFとファンタジーを読むなら、ハヤカワでした。
少しずつ昔読んだお気に入り本も紹介していけるといいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/27479992

この記事へのトラックバック一覧です: 地球人のお荷物:ホーカ・シリーズ:

« 夏目友人帳(1) | トップページ | プラナリア »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック