2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 宿縁の矢:ヴァルデマールの使者2 | トップページ | 海の仙人 »

2008.08.04

風の大陸:月光にさまようもの

竹河 聖 2004 富士見ファンタジア文庫

風の大陸シリーズの外伝。
買ったまま存在を忘れていた本である。
入手は難しそうだと思っていたら、いつの間にか、ちゃんと買っていたらしい。

本編が終了してしまい、これ以上、ティーエ達に出会うことはないだろう。
この外伝は、三人の旅の始まった最初の頃という設定だ。
ティーエがまだ人なれしておらず、まだるっこしい会話のテンポが、懐かしくて、やっぱりまだるっこしい。
本編のような大きな物語に比べると、もちろん物足りないが、存在を忘れていただけにおまけのようなお得感を持った。

旅の仲間がたった三人だけだった頃は、本編全体の中では、意外と少ない。
こういう旅の物語は、旅の仲間で取り組む大きな物語が中心となりがちだ。
あちらに行き、こちらに行き、しているうちに、大きな物語に飲み込まれてしまう。
旅の情景を淡々と描くことは、飽きられるからかもしれない。漫遊モノの難しさだろう。
(ただ単に旅の情景が面白くて、旅の物語が進まないうちに、物語が立ち消えになったガ○ディーンみたいな小説もあるが……(T_T))
だからこそ、こういう形で小さな物語をさしはさむ余裕ができてくる。
著者が文字に起こさなかったアイデアが、またいつか日の目を見るといいのに。

あとがきで著者が『ロード・オブ・ザ・リング』に熱く語っている。そこに、著者の人となりが少し見えた気がして、親近感が湧いた。
あー。ほんとに終わっちゃったんだなあ。
ところで、カルナーは……?

« 宿縁の矢:ヴァルデマールの使者2 | トップページ | 海の仙人 »

小説(日本)」カテゴリの記事

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

コメント

やぁーーーっと読みました^^;
なんだか3人の関係が初々しくって~(笑)こういうお話をもうちょっと読みたいなぁと思ったよ。

うん。初々しかったですねぇ。
ティーエとラクシ、最初はこんなんだったんだなぁ。と、懐かしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の大陸:月光にさまようもの:

« 宿縁の矢:ヴァルデマールの使者2 | トップページ | 海の仙人 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック