2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ドッグ・ラン:図書館戦争DVD SPECIAL SOTIRES1 | トップページ | ゆうきまさみのはてしない物語:天の巻 »

2008.08.08

別冊 図書館戦争Ⅱ

別冊図書館戦争 2 (2)  有川 浩 2008 アスキー・メディアワークス

柴崎がーーーーーーっ!!!!!

この叫びを、夜中、何度送信しそうになったことだろう。
読み終えたのは、今朝?の3:30頃である。その後、仮眠はしたが、やっぱり眠い。
昨夜、外食している最中にメールを受信した。食欲がないから、クッパだけでいいと言っていたのに、行きがかり上、食べなくてはならなくなった焼肉をつついているときだった。
メールの送信者は素晴らしい書店員である杏子ちゃん@元威風堂・現大手書店。
別冊2が入荷されたという。慌てて時計を見るが、本屋さんの閉店には間に合いそうにもない。
杏子ちゃんの御好意で、本を買ってもらっておき、後ほど、私が彼女の家のほうに取りに伺うことになった。まったくもってありがたい。

予告で表紙の柴崎を見たときから、「ガンバレ手塚」と思っていた。
この二人、手塚ががんばらないことには、どーにもならない、という予測をしたのだ。
手に取った本を開いてみると、第一章は、雑誌掲載時とは少し書き出しが異なる「もしもタイムマシンがあったら」。
次に、堂上&小牧がルーキーだった頃の思い出話。
そして、柴崎と手塚の顛末であり、私の冒頭の叫びに戻る。その前に、あんたら、そこからちっとも進んでいなかったのか!?

著者の方があとがきでネタバレをしないように配慮されているのに、私がばらすわけにはいかない。
が、ばらさないで、どうやって書くんだよー? ネタを知りたくない人は、こういう記事は見ないで、まっすぐ本書にとりかかってください。よろしくです。

どこまで、柴崎につらい思いをさせればいいんですか!!
そう食らいつきたくなるような、シビアなネタが用意されていた。
これは、逆に考えれば、郁では王子様が守ってくれちゃうし、鞠江ちゃんじゃ耐えられない。柴崎に割り振るのが妥当なネタであり、これだけのことでも起きないと、柴崎という女はきっと折れることができないんだ。
一度ならず、同類の被害に会い、そのうちの一度は警察まで相談したことがある身としては、よくぞここまで書いてくれたと思った。女性の立場に立ちつつ、しかも、斟酌なしに。
いつ終わるかわからない、この手の被害は、心底疲弊させられるものなのだ。

柴崎の恋愛のクセは、我が身を見るようで、ときどき痛い。
幸せなカップルを見るのが好きだ。奥さんや子どもたちを大事にしている男性を眺めるのが好きだ。いいなぁと眺めながら、ほのぼのとした穏やかな気分をわけてもらうのが好きだ。
だから、その柴崎が、自分を大事にしてくれる人で自分が大事にしたい人を見つけたことが嬉しかった。読んでいて、涙が出てくるぐらい、嬉しかった。

そこここで、郁の成長も見れた。結婚してからも、郁と堂上のよい夫婦っぷりが微笑ましくも安定していて素敵。
ああ、やっぱり憧れちゃうよね。
これが終わりなんて信じられないぐらい、だけど、終わりにある意味ふさわしい。
主役のカップルがいつまでも幸せに暮らしました、と信じられるような、そんな別冊だったから。

でも、まだ終わりにしたくないから、また本を開くのだ。

 ***

  別冊 図書館戦争Ⅰ
  図書館革命
  図書館危機
  図書館内乱
  図書館戦争

« ドッグ・ラン:図書館戦争DVD SPECIAL SOTIRES1 | トップページ | ゆうきまさみのはてしない物語:天の巻 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さま、こんばんは。
私も、夜中まで読んでしまいました。今日も仕事だったのに・・・。喜んで頂けて良かったです。

堂上と郁の結婚生活も時々喧嘩をしながらも甘くて本当に羨ましくなりますね。
今回メインの二人は結末は何となく予想してましたが、まさかあんなに苛酷な経緯があるなんて思ってもみませんでした。郁か上司達かあるいは兄に突かれて手塚が頑張るのかと思ってたので・・・。
しかし纏まってからは、流石に柴崎!でしたね。話の進め方といい、手塚兄弟の扱いといい、素敵過ぎです。しかも手塚に大事にされ、大事にしたいという思いが自然に出ての結果。可愛くなってました。
小牧と鞠江ちゃんのその後も気になってたんですが残念ながら・・・。
またどこかで彼らに会いたいですね。

杏子ちゃん、本当にありがとう!! 昨夜からコワレっぱなしでございます。すっかり寝不足ハイテンションです。この御礼は、美味しいご飯で!
子どものように泣いちゃう柴崎が愛しかったです。手塚もずいぶん大人になりましたねえ。
私は柴崎が女性初の司令になったのか、玄田さんの次に特殊部隊の隊長は誰になったのか、そんなあたりが気になっています。
DVDのおまけで書いてくれないかなあ。

TBが通るかな;;;と思いつつ、我慢できないので送ってみる(笑)

や~このレビューを読みながら、またしても涙ぐんでるアタシって^^;それも、仕事中に;;;
ホントに、柴崎にどこまでっ!って食らいつきたくなったね。相変らず号泣しまくりながらの読書になりました。
でも、幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。が信じられるラストだったので良し。

私も柴崎が女性初司令になったお話は読みたい!(笑)DVD短編でなにがくるのか・・・すっごく楽しみ♪

TB、ちゃんと届いていますよ! 大丈夫!!
柴崎の件で、部下を怒鳴り散らして殴り倒す郁がかっこよくてスカッとしました。難しい台詞を言えるようになったんだ、とも、思ったけど。
あと、お好み焼きを焼き、手まり寿司を握る堂上! アニメを見た後なので、アニメの様子で想像してしまったのですが、なんともはや、羨ましすぎます。
ああもう、後から後から、感想が湧いて出ちゃうよ。

こんばんわ。
TBのみで失礼致しました。
ずっと悶えて読んでましたね~^^;
柴崎が可哀相でしたよね。
幸せになってよかったねって言いたいんですけど、それが分かる出来事が酷すぎます><
堂上夫妻の甘々ぶりも垣間見えてよかったです。
お姫様だっこの所は気絶しそうになりました^^;
ああ…いいないいな。お姫様だっこ。
私も、柴崎と同じく、堂上夫妻が理想です。
にしても。
堂上夫妻の結婚式が読みたいです!

苗坊さん、こんにちは♪
お姫様だっこなんかしちゃうんですね。あの堂上が……。
別冊2がまるまる堂上夫妻の日常だったりすると、甘み成分がどえらいことになってしまっていたかもしれません。
きっと子どもが生まれても、恋人同士のような夫婦でいるような気がします。
結婚式はぜひ堂上目線で!笑

香桑さん、はじめまして。
やぎっちょさんのブログから辿って窺いました。
私も買ったその日の夜中、読みながら何度叫んだことか。
柴崎には苛酷な話でしたが、手塚と柴崎がお互いをちゃんと見つけることが出来て、ほんとうによかった。それにしてもかなり後味の悪い話でした。
堂上と郁の幸せな結婚生活にも、気持ちがほっこりです。
TBさせて頂きました。

雪芽さん、こんばんは。
叫びましたよね。叫びたくなりましたよね。
読んでいる最中から、とにかく誰かと話したくてたまらなくなりました。
今後、柴崎にどんな危険が近づこうとも、手塚がしっかり守ってくれることでしょう。

TB&コメント、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

柴崎に降りかかった試練は、本当に辛いものがありましたね~。読者の方からすると、あいつだ!ってすぐ見当が付くんだけど、誰だか分からない相手からのりふじんな悪意に良く耐えたと褒めてあげたいです。手塚ももちろん、頑張りました。
頑張った結果、素直になった結果のラストには号泣してしまいました。本当に良かったです。
手紙で終わるあとがき、これで本当に幕引きなんだなぁ~という感じがして、寂しいですが、きっと何度も再読しちゃいます。

エビノートさん、こんばんは。TB&コメント、ありがとうございます。
後味が悪いという感想も多いですが、あの柴崎の号泣シーンほど、ハッピーな場面はないような気もします。
嬉しくて嬉しくて、この幕引きは大団円という感じがして満足でした。

でも、もっともっと読みた~い!!
と、欲はつきません。私も何度も何度も読み直すことでしょう。

香桑さん、こんばんは(^^)。
図書館戦争シリーズ、終わっちゃいましたねぇ・・・。
すっごく淋しいですが、とりあえずはDVD特典のほうに、そして新作に、きっと、有川さんはやってくれます!ええ!!
手塚&柴崎ももちろん感激でしたが、案外に緒形副隊長のお話も好きでした。
小牧の「殺すよ?」にも、映像&音声(ぱきーんと凍った面々の背景付き)が目に浮かんでしまい、冷や汗垂らしながらのたうちました。
有川さん、素晴らし過ぎ。

水無月・Rさん、こんばんは。お返事遅くなりました。
すみません。TBは受け取り損ねているようです。

緒方副隊長の話はよかったですね。隊長を抑えて、美味しいところを持って行っちゃった感じがします。
DVDを見ると、本を読むときも自然に映像つき音声つきになっちゃいますね。
早く、DVDの2巻をもらいにいかなくては。

TBありがとうございました。
こちらからもお返しいたします。

叫びたくなっても、そこはかなり我慢してニヤニヤで済ませているわたくしであります。
嗚呼、なんて可愛い柴崎。

白い怪鳥さん、こんばんは。
改めて皆さんからいただいたコメントを読み返しても、熱い盛り上がりを感じます。
こんな風に身悶えたり絶叫したり、多くの人が熱烈に待ち望むようなシリーズ、有川さんには書き続けてもらいたいです。

白い怪鳥さんの冷静さは、我慢だったんですね。なんだか、ほっとしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/22859177

この記事へのトラックバック一覧です: 別冊 図書館戦争Ⅱ:

» 別冊 図書館戦争Ⅱ(有川浩) [Bookworm]
えーと。 わざわざ言う事でもないくらい、いつものことですが(笑)いちお、念の為にしばらくはネタバレフィールドを張っておくことにします。 [続きを読む]

» 別冊 図書館戦争Ⅱ 有川浩 [苗坊の読書日記]
オススメ! 大好評『図書館戦争』シリーズ、スピンアウト第2弾!そんで、結局あの人たちは?これにて幕引き。 「もしもタイムマシンがあったら」 「昔の話を聞かせて」 「背中合わせの二人」 ネタバレ注意! ぎゃふ!!(死)ダメだ…直視でき....... [続きを読む]

» 「別冊図書館戦争?」 有川 浩 [コンパス・ローズ  compass rose]
 「別冊図書館戦争?」  有川 浩  単行本: 286ページ  アスキー・メディアワークス (2008/08) 『図書館戦争』シリーズ、スピンアウト第2弾。 今度は青の表紙。しかもこの横顔は柴崎ではないですか!!と思って裏表紙を見ると、いました手塚くん。周りにはバレバレなのに、素直になれないところは堂上・郁コンビと同じだけど(こちらはめでたく卒業)、このふたりのほうがよりやっかいなようで、ずっとどうなるかと気になっていたのだ。 そんで、結局あの人たちは?」 ... [続きを読む]

» 別冊図書館戦争Ⅱ 〔有川 浩〕 [まったり読書日記]
別冊図書館戦争 2 (2)有川 浩アスキー・メディアワークス 2008-08売り上げランキング : 12おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「そんで、結局あの人たちは?」 これにて幕引き、『別冊 図書館戦争 II』! 気になるあのペアの恋の行方もついに──!...... [続きを読む]

» 「別冊図書館戦争2」を読む [怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】]
「別冊図書館戦争2」有川浩/著(アスキー・メディアワークス刊)別冊図書館戦争(2)本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの代表作――図書館戦争のスピンアウトという位置付けの別冊番外編の第2弾にして、最期の巻みたいであります。・・・・・・・・・・・・とか言い...... [続きを読む]

« ドッグ・ラン:図書館戦争DVD SPECIAL SOTIRES1 | トップページ | ゆうきまさみのはてしない物語:天の巻 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック