2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 二つの月の記憶 | トップページ | 熱帯感傷紀行:アジア・センチメンタル・ロード »

2008.08.19

聖☆おにいさん(1)

買ったきっかけ:
人に勧められて、読んでみたらはまりました。読み直しても笑ってしまいます。夜中であっても、くすくすわははと笑い通しです。

感想:
ブッダとイエスが休暇をとって、立川で同居しているところに、「なんで?」と我に返ると進めなくなります。
宗教者の双璧とあり、全体を通じて言葉が丁寧で優しい。読んでいて、嫌な気持ちにならない。傷つけられない。
こういうマンガが成り立つのも、宗教に対する日本ならではの土壌によるのかな。
決して宗教をばかにしているのではなく、親しみを感じているのだと思います。
主人公二人に、作者の愛情と敬意を感じるのです。

おすすめポイント:
無邪気で、上品で快い、でも爆笑。
疲れていても、やさぐれていても、慰められちゃうところが、聖人効果?
2巻には「マイ鹿」も出てきます。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

著者:中村 光

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

« 二つの月の記憶 | トップページ | 熱帯感傷紀行:アジア・センチメンタル・ロード »

**趣味の宗教学**」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

わぁ♪ レビュー発見w
もう最近では“なんで?”と我に返ることをすっかり忘れております。
これを読んで“日本に生まれてよかったぁ~”と幸せを噛みしめているようではダメでしょうか;;

わたしの住んでるところは、立川に近いのですよ^^
おにいさんたちの聖地へ行って、本屋さんをひやかしてみたいな・・などと言ってみる。

susuさん、こんばんは☆
昔、西荻窪に住んでいたこともあり、中央線沿線には親近感がわいちゃいます♪
3巻を買いに行ったら、近所の本屋さんでは売り切れでした。
しばらく本屋さんをさまよいます……。しくしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/23082700

この記事へのトラックバック一覧です: 聖☆おにいさん(1):

« 二つの月の記憶 | トップページ | 熱帯感傷紀行:アジア・センチメンタル・ロード »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック