2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 不都合な真実 | トップページ | 妖怪アパートの幽雅な日常(5) »

2008.07.15

妖怪アパートの幽雅な日常(4)

妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)  香月日輪 2005 講談社

季節は梅雨から夏へ。
私がこの本に取り掛かると同時に、梅雨明けした。暑い空気が、小説の中の夏と重なる。

やはり、大冒険が待っているわけではない。
魔道書を使いこなすための地道な修行が続き、生活のための地道なバイトが続き、そんな日常の生活は、小さいながらも出来事の連続なのだ。

子どもは不自由でいい。
なにしろ、子どもは不自由なものなのだ。
自分の心も体も不安定で、自分を使いこなす練習をしている最中であり、自分を知る過程の途中であり、本来の自分の能力なんてもの自体が変化している只中であるのだから。

子どもは不自由でいい。
それは、守られているということだ。
自由という権利に伴う責任という義務を、大人が肩代わりしている。子どもが責任を持つことができるように育て、子どもが自由を掴めるように教え、子どもがいつか大人として誰かを守れるように守る。それが大人の役割である。

子どもを、子どものままでいさせてあげられるような、包容力のある大人と環境が、妖怪アパートの魅力である。
食事がうまく、不思議がいっぱいの夏休みを過ごしたいなら、この本をどうぞ。

 ***

  妖怪アパートの幽雅な日常(6)
  妖怪アパートの幽雅な日常(5)
  妖怪アパートの幽雅な日常(3)
  妖怪アパートの幽雅な日常(2)
  妖怪アパートの幽雅な日常(1)

« 不都合な真実 | トップページ | 妖怪アパートの幽雅な日常(5) »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

TBをどうしようか迷いつつ、とりあえずコメントはこちらに失礼しまーす(笑)

こちらでタイトルを見てから気になってたんだけど、なぜだか職場の同僚から回ってきました☆
妖怪アパートはホントに魅力的だよねー。あんな大人たちに見守られてるんだから、夕士はすくすくと”イイオトコ”に成長していくんだろうと思える。
でも、妖怪アパートの一番の魅力は、やっぱりるり子さんの手料理でしょう!毎食、あの料理を食べられる夕士がうらやましい。。。

すずなちゃん、どもー。
私も、すずなちゃんのところで1つの記事も4つもTBを送るのはどーよ!?と気づいて、2巻まででやめてしまいました。(^^;;

いやもう、るりるりは最高です。そのレシピはわけてくれーっ。ていうか、誰か作ってくれ!みたいな。笑
大人たちは酒の飲み過ぎってことを除けば、夕士のいい親代わり、兄代わりになってくれそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/22307601

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪アパートの幽雅な日常(4):

« 不都合な真実 | トップページ | 妖怪アパートの幽雅な日常(5) »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック