2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« デトロイト・メタル・シティ(1) | トップページ | 風の大陸:月光にさまようもの »

2008.07.31

宿縁の矢:ヴァルデマールの使者2

宿縁の矢 (C・NovelsFantasia ら 1-2 ヴァルデマールの使者 2)  マーセデス・ラッキー 澤田澄江(訳) 2008 中央公論新社(C.NOVELS)

タリアの物語の続きだ。
少女は成長し、次の局面に入る。
見習いの灰色の制服を脱ぎ捨てて、正式な白衣の使者となるとき、新たな義務と責任が与えられる。
敵は、誰だ?

《女王補佐》という特別な地位になるべくして使者に選ばれたタリアは、特殊な能力を持っていることが前巻で明らかになっていた。
共鳴と投影。この能力の使われ方には、舌を巻いた。ラッキーは小説家ではなく、心理療法家ではないかと、何度も思った。

クライエントの苦痛にセラピストが共感し、セラピストが自分の感じている苦痛を乗り越えることで、クライエントを治療するのが、精神分析の治療機序だ。
そして、投影は、精神分析の重要な概念の1つだ。「相手が怒っていると私が感じるのは、実は私が怒りを感じているから、相手が怒っているように見えた」という心の機能のことである。
この応用として、投影同一化のような概念もあるが、うまく説明できたためしがないので、ちょっと横においておきたいが、いずれにせよ、投影というものを考え出すときりがなくなると思っている。

これは私の感情なのか。
それとも、あなたの感情なのか。
私の感情があなたの感情を引き起こしているのか。
あなたの感情が私の感情を引き起こしているのか。
私の感情があなたの上に映し出されて、あなたが感情を持っていると私が感じているだけなのか。
この感情の起源はどこだ。
これは誰の感情なのか。

人と関係を結ぶということは、お互いに無関係ではいられないということである。
共にいれば、必ずそこになんらかの影響なり作用なりが相互的に働く。
人は個々に独立して、乖離して、誰にも何も影響を与えず、かつ、誰からも何も影響を受けずに存在することはできない。

タリアは、そんな当たり前のことに気づくだろうか。
スキッフとは恋人というよりも兄弟のようになってしまったが、ダークとクリスという二人組の使者たちがタリアを導き、育てる役につく。
学院から旅立ちの時を描き、北方を巡視する淡々とした展開ながらも、読むほどにひきこまれた。
読み終えた今は、早く三巻目を読みたくて仕方がない。

 ***

  天翔の矢:ヴァルデマールの使者3
  女王の矢:ヴァルデマールの使者

« デトロイト・メタル・シティ(1) | トップページ | 風の大陸:月光にさまようもの »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/22684356

この記事へのトラックバック一覧です: 宿縁の矢:ヴァルデマールの使者2:

« デトロイト・メタル・シティ(1) | トップページ | 風の大陸:月光にさまようもの »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック