2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 武装解除:紛争屋が見た世界 | トップページ | 家日和 »

2008.03.27

夜は短し歩けよ乙女(1)

買ったきっかけ:
本屋さんの店員さんと目があってしまった。
私はもりみーファンだと知られている。
逃げられないっ。

原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』

感想:
可愛かったです。
乙女も可愛いが、先輩のへたれっぷりが可愛い。
あの世界を映像化するのは無理があるのではと思っていましたが、乙女と先輩の可愛さで乗り切っていると思いました。
キャラのビジュアルや性格付けに、自分の思い描くものと違和感がある場合があっても、名場面が少しずつながらきちんと盛り込まれているところに好感を持ちました。

おすすめポイント:
前半は、原作の表題作の章のみをマンガ化したもの。
しかし、後半は原作にないストーリーに踏み込ます。樋口君と李白さん大活躍。
原作者である森見登美彦のコメントにしたがって、温かいお布団で読みましょう♪

夜は短し歩けよ乙女 第1集 (1) (角川コミックス・エース 162-2)

原作:森見 登美彦 マンガ:琴音らんまる

« 武装解除:紛争屋が見た世界 | トップページ | 家日和 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/11841343

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女(1):

« 武装解除:紛争屋が見た世界 | トップページ | 家日和 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック