2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 夜は短し歩けよ乙女(1) | トップページ | 笑う招き猫 »

2008.03.31

家日和

家日和  奥田英朗 2007 集英社

おうちに帰ろう。
お出かけするのもよいけれど、我が家の魅力を再確認してみよう。
そんな短編が6つ、集められている。

家という建物のなかで、家族が集まり、家庭が営まれる。
それぞれの生活、それぞれの物語。
時には家の中での生活に飽きたり、疲れたり、倦んでしまうこともあるだろう。
奥田の描く主人公と家族たちは、一旦は家を離れかけても、また家に戻ってくる。
登場人物たちは大きく逸脱することはしない。家を壊すような物語は含まれない。
その点、多くが良識的で行儀がよい。

そりゃあドラマティックというわけではないかもしれないけれど、読んでてほっこりするような温かみがある。
家というのは、そういうもののほうが、嬉しい気がする。
疲れているときにも負担にならない、なごみの一冊。

我が家も居心地よいものであるように。
そのためにも、帰ったら掃除をしなくちゃ……。

***

TBのかわりに……

藍色さんのブログ 『粋な提案』 家日和 奥田英朗

« 夜は短し歩けよ乙女(1) | トップページ | 笑う招き猫 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんは~(^^)。
楽しいお話でしたねぇ~♪
どのお話も、なかなかに・・・(笑)。
微妙にズレているけど、お互いが通じ合ってる感じのする家族と家の物語。
ほっこりと、和みました~。

水無月・Rさん、こんばんは。早速のお返事ありがとうございます!
読んでいてきつくならないところがいいですね。こんな本なら何冊でも読めそうです。
ロハスの話は、てっきり奥田さんの体験談だと思ってしまいました。

こんばんは。
どの短編も読みやすくて、奥田さんらしいユーモアがあふれていましたね。
どこかに奥田さんの実体験が?って興味津々。
変化がアクセントになる暮らしに憧れます。
読んだ後すっきりでした。

読みながらほっこり出来る本だったね。
私も部屋の掃除・・・;;;

>藍色さん、こんにちは。
身構えなくて読める小説もいいですね。
がっつりのめりこむ小説も好きですが、こういうほぐれる感じも必要ですもん。
家の中の居心地をよくしたいな、って、思えました。

>すずなちゃん
うん。掃除。掃除。掃除……orz
自分の好きなように家を作れたら、どんなものになるかなあ?
そんなことまで考えちゃいました。

香桑さん、こんばんは!
ヒヤリとさせられる話もあったけれど、
やっぱり家族って良いねと思える話ばかりで、
読んでいて楽しかったです♪
ロハスの話は私も奥田さんの実体験だと思いました~(^_^;)

エビノートさん、こんばんは。
「グレープフルーツ・モンスター」は物悲しいものでしたが、おおむねハッピーでしたね。
隣の人は何する人ぞ。身近にも、きっと人それぞれの物語があるんだろうなあ、と思いました。

ごめんなさい。
こちらからのトラックバック届かないようです。
ユーザーサポートに連絡しました。
引き続き、トラックバック打っていきますね。
ウエブリブログからのがこちらに届かなくなって困ってる上、この状況。
正直、頭を抱えています(滝汗)。

藍色さん、こんばんは。
TBの代わりに文中にリンクをはらせていただきました。
お互いに、うまくいきやすい場所と、うまくいきにくい場所があって、往生しますね……。
藍色さんの所為ではないのですから、どうぞお気になさらずにお願いしますね♪

こんばんは。
ああ、文中にリンクを張ってくださったんですね。
お手数をおかけして、恐縮です。
そして、ありがとうございます。とっても感謝しています。

こういう方法もあるんですね。
…よかったら、私も使わせていただいてもよろしいでしょうか?

藍色さん、こんにちは。旅行に行っていたものですから、返事が遅くなり、申し訳ありません。
本文中にリンクを貼る方法は、私も他の方のまねをしました。どうしてもTBが届かない方がいらっしゃるので……。どうぞどうぞ、お役立てくださいませ。
コメントをいただいて、でも、TBがないときには、こういう方法を取らせてくださいね♪ 喜んでいただけてよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/12014055

この記事へのトラックバック一覧です: 家日和:

» 『家日和』/奥田英朗 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
ほんわかした、家の物語・・・。内容が想像と全然違ってて、驚いた。なんかね、表紙のジオラマを見て「平穏そうに見えるこの街で渦巻く、家がらみの怨念!」とか「家にこだわるあまり生まれた悲劇!」みたいなホラー系なのを想像してたんですよ、全然勝手に。・・・どうしてそんな想像してたんだ、水無月・R。 実際『家日和』というタイトル通り、よいお日和で~♪的な、ほかほかした短編集でしたよ。あ~楽しかった{%kirakira1_a%}... [続きを読む]

» 家日和(奥田英朗) [Bookworm]
あ~面白かった!なんだか久しぶりに、何も考えずにうはうは笑いながら読んだような気がするなぁ~。 [続きを読む]

» 家日和 〔奥田 英朗〕 [まったり読書日記]
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外にい....... [続きを読む]

« 夜は短し歩けよ乙女(1) | トップページ | 笑う招き猫 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック