2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« なかよし小鳩組 | トップページ | 大人のケンカ必勝法 »

2008.02.28

自己愛性パーソナリティ障害のことがよくわかる本

自己愛性パーソナリティ障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリー イラスト版)  狩野力八郎 2007 講談社

パーソナリティは、成熟していくものである。
他者と安定した関係を築き、他者も自己をも多角的に複雑に認知し、他者への共感性を示し、自己の傷つきもそれなりに乗り切ることができ、理想と現実の間で現実的な理想を持ち、理想的な現実の実現に励むことができるような、そういった様々なたくましさを身に着けられるようになる。
パーソナリティ障害は、それ自体で固有の症状を持つものではなく、関係性の中での問題から検討される。
どこからが個性ではなく、パーソナリティ障害となるのか。その明確な線引きは難しいかもしれないが、本人や周囲が非常に苦痛を感じていたり、生活に支障が出ているときには、看過するのは不適切だ。

この説明しづらい、けれども現に困っている人がいる問題を、図解しながらわかりやすく説明しているのが、本書の魅力。
単にDSM-4的な診断基準の紹介にとどまらず、発達障害との関連を指摘したり、ライフコースの視点から問題の生じやすい時期を挙げてみたり、充実している。
治療法について多角的に解説されているところは、専門家、臨床家にとっても参考になるのではないか。特に初学者にとっては心強い手助けになるだろう。
また、家族や職場への心理教育として必要な情報もまとめられている。
全体的に、個々の説明は複数の視点からなされており、偏りがなく、信頼に値する。

パーソナリティ障害の中では、一時期ボーダーライン(BPD)が注目された。
が、不健康な自己愛の問題も、かなり重視されてよいと思われる。
自己愛性が過度に高いといっても、いかにもナルシスティックな感じになるとは限らない。
横柄で傲慢な周囲を気にかけないタイプの人もいれば、内気で臆病な周囲を過剰に気にするタイプもある。
孤立しやすく、挫折に極端に弱い人たちであり、共感性の低さから人間関係でのトラブルも少なくなく、本人たちもしんどいだろうと思う。

理論的な説明もあることから、一般向けにしてはやや難しいページもあるかもしれない。
が、「ああ、あるある」とうなずいてしまうようなところが多い人には、「安定した自己」を手に入れるために、一歩を踏み出してもらいたい。

« なかよし小鳩組 | トップページ | 大人のケンカ必勝法 »

>>私の仕事」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/10810504

この記事へのトラックバック一覧です: 自己愛性パーソナリティ障害のことがよくわかる本:

« なかよし小鳩組 | トップページ | 大人のケンカ必勝法 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック