2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 塩の街(単行本) | トップページ | 風の大陸:最終章 祈り »

2008.02.15

リストカット症候群から卒業したい人たちへ:ストップ・ザ・カッティング

マンガリストカット症候群から卒業したい人たちへ―ストップ・ザ・カッティング― たなかみる 2008 星和書店

メインは著者の体験記。
リストカットと過食嘔吐。6年以上、入退院を繰り返す中で、体験したことや見聞きしたことを中心に、いろんな人の場合を紹介したり、治る過程を紹介している。

体験者であるだけに、症状が激しいときの様子や、乗り越え方にも、説得力がある。かなり、ざっくばらんに述べられているので、共感する経験者も多いのではないか。
読んでみれば、どれだけ本人たちがしんどい思いをしているのか、縁遠い人にも感じてもらえるのではないだろうか。甘えでも意志が弱いわけでもなく、本人にもどうしようもないところで、症状に取り付かれてしまった。
自分を傷つけずにすむような自分を育てていくには、本人が自分を助けようとすることと、周囲の理解や適切な協力が必要となる。

カッティングのシーンや、傷跡の話も多く、著者も「諸刃の剣」だと書いているし、著者の主治医も「決してまねはしないでください」と繰り返し述べている。
情報を流布することで、真似する人が増える危険性は免れないとしても、正確な知識は必ず役に立つ。
自傷や過食嘔吐をやめるためのヒントになるよう描かれた本だ。マンガではあるが、内容は軽くはない。回復の道は、きっと誰にでも開かれている。
家族や身近な人への対応の仕方もしっかりと書かれており、知識が必要になったときのとっかかりの一冊としてもお勧め。

自分で自分を助けてあげてほしい。
焦らず、慌てず、あきらめずに。

« 塩の街(単行本) | トップページ | 風の大陸:最終章 祈り »

>>私の仕事」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/10525085

この記事へのトラックバック一覧です: リストカット症候群から卒業したい人たちへ:ストップ・ザ・カッティング:

« 塩の街(単行本) | トップページ | 風の大陸:最終章 祈り »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック