2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« (WEB)フリーター、家を買う | トップページ | 一瞬の風になれ(2):ヨウイ »

2008.01.01

一瞬の風になれ(1):イチニツイテ

一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ-- 佐藤多佳子 2006 講談社

今年も正月から本を読む。
これは、Bookwormのすずなちゃんとの約束の本。
本屋さんのポイントカードの3倍ポイントの期間に買って、この休みまで取っておいた(と言い訳)。
だってさ、まとめ読みしたくなりそうな本じゃない?

2007年の本屋大賞は、個人的に注目の賞だった。
読んだことのある本、好きな作家がノミネートされていると、こういう賞の行方を見守るのも面白いことがわかった。
有川浩『図書館戦争』も森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』万城目学『鴨川ホルモー』も三浦しをん『風が強く吹いている』さえも抑えて、大賞を受賞したのがこの本。
正直なところではちょっと反感を持ってしまったのだけれども、佐藤多佳子さんの『しゃべれどもしゃべれども』が面白かったから、誘惑に負けることにした。

主人公は高校生になったばかりの男の子、新二。
サッカー好きな家庭に生まれ、Jリーグに入るのも当たり前のような兄を持つ。
そんな家庭で当たり前のようにサッカーをしてきたのに、当たり前には上手になれなかった。
どんなにがんばっても兄には追いつけない。どんなにがんばって、両親の自慢の息子になれない。
そんな主人公の一人称で語られる物語だ。

ちょっと軽い口調で、前向きでひたむきで高校生の語り口に慣れたら、物語はぐいぐいと引っ張り込む吸引力がある。
主人公はどうやら才能があるらしいが、大きな大会の前ではトイレマンになるような普通の男の子で、親近感が持てる。
この一生懸命さが可愛い。よしよししてあげたくなる可愛さだ。ぜひ、タクアン頭のままでがんばってくれ。
試合前の緊張の様子も人それぞれに描かれており、かなり細かい取材の跡が伺える。

場面展開が早く、物語にくどくどしさはない。主人公はスピーディに陸上選手として走り始める。
体育部に所属しており、試合に追われている高校生の年間スケジュールは、きっとこんな風に忙しいものなのだろう。
知り合いが関係している高校のサッカー部だって、新人戦があって、プリンスリーグがあって、いつのどの試合がどの大会の予選なのか、私には何度聞いても憶えられない。
主人公も気づいたら、4継の選手に選ばれていた。100メートルずつ4人で走るリレーだ。
陸上は陸上でも、リレー。走っているときは一人だけど、チームの一員になるのだ。だからこそ、様々な気持ちが惹起される。

サッカーではぱっとしなかったけれど、もしかしたら陸上では?
位置に着いて、そんな可能性を掴んだところで、2巻にリレー。
さあ、がんがん読むぞー。

 ***

  一瞬の風になれ(3):ドン
  一瞬の風になれ(2):ヨウイ

« (WEB)フリーター、家を買う | トップページ | 一瞬の風になれ(2):ヨウイ »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!
・・・いろんな所でご挨拶してるような気もするけど(笑)

読んでくれてありがとう。
新年一冊目がこの本なんて!いい仕事してますね~です(笑)
本屋大賞が発表された時は私も同じような気持ちだったけど、この作品を読んだらすんなり納得出来ました。
これからの活躍を予感させる第一部だったね。残り二冊、がんがん読んでくださーい☆

すずなちゃん、私のほうこそ、勧めてくれてありがとう!
ついでに、お褒めの言葉もありがとう♪
昨夜は眠ったけれども、ついつい夜更かしして2冊目まで読んでしまいました。(^^;;

なんだか、『風が強く吹いている』の登場人物の高校時代を読んでいるような気がしてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/9675482

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の風になれ(1):イチニツイテ:

» 一瞬の風になれ 第一部-イチニツイテ-(佐藤多佳子) [Bookworm]
楽しい。読んでて本当に楽しい。自然と心が浮き立つ。こういう気持ちになるのは久しぶりかも。 [続きを読む]

» 一瞬の風になれ第一部イチニツイテ 佐藤多佳子 [粋な提案]
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 1989年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。「イグアナくんのおじゃまな毎日」で98年産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、99... [続きを読む]

« (WEB)フリーター、家を買う | トップページ | 一瞬の風になれ(2):ヨウイ »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック