2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 九月の恋と出会うまで | トップページ | うめ版 »

2008.01.22

ようこそ女たちの王国へ

ようこそ女たちの王国へ (ハヤカワ文庫 SF ス 16-2) ウェン・スペンサー 赤尾秀子(訳) 2007 ハヤカワ文庫

一夫多妻制。
この言葉が指し示すものを、180度回転させたところがユニークだ。
20人の女性に対して、1人の男性という比率で出生する。
複数の姉妹は一人の男性を共通の夫として持ち、生まれた子ども達は共通の娘とする。
数少ない息子は貴重な財産である。息子が16歳になれば、交換するか、売るか。
夫を持てない女性は、売春窟に行き、子どもか病気を得る。
邦題には反映されていないが、原題は「A Brother's Price」。

男女を徹底的に入れ替える。
女性が外で働き、外と戦い、男性は家庭を守り、家庭で守られる。
この設定の仕掛けは、よしながふみの『大奥』や、キャサリン・アサロのスコーリア戦記『目覚めよ、女王戦士の翼!』を彷彿とする。
が、本書は西部劇風の異世界を舞台にしたファンタジーであるところも、ユニークだ。アメリカ発の物語らしい景色が広がる。

16歳の誕生日を目の前にした、賢く優しく美しいジェリンをめぐり、ジェリンの姉妹達と王女達、女王の敵が活躍する。
髪を短くした女性達は、ライフルを持ち、カウボーイハットを被り、馬を駆る。川には蒸気船が行きかい、装甲船には大砲を放つ。
お茶の時間はターキーとピクルスのサンドイッチに、甘いケーキの上にはフレッシュ・ラズベリー。
家族の土地は家族で守り、家庭で家族は育まれる。中でも、未婚の男子を手厚く守り、わがウィスラー家は義理の姉妹を裏切らない。

とにかく女性が元気で男前、いや、漢前。男性はひたすら乙女で。
女性が集団になって、一人の男性を愛でる様は、お気に入りのアニメやマンガやゲームのキャラ(もしくはカップル)と、彼らを愛する腐女子たちを、同一次元上に呼び起こしたらこんな感じ? 
ある意味、アクチュアルをきちんと投影できる。小難しいジェンダー論なしに、好きな男の子のために、女の子は頑張っちゃうのだ。もちろん、男の子だって頑張る。
極端な世界であるからこそ、性別に拘泥することを軽やかに風刺しつつ、旧来の家族の価値や地に足の着いた生活の価値をも謳いあげることにも成功している。
最後は、お約束通りのハッピーエンディングで、安心して読める物語だ。

« 九月の恋と出会うまで | トップページ | うめ版 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

**女であること**」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/10007142

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ女たちの王国へ:

« 九月の恋と出会うまで | トップページ | うめ版 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック