2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« マリア様がみてる | トップページ | 九月の恋と出会うまで »

2008.01.07

No.6(2)

NO.6  〔ナンバーシックス〕  ♯2 (講談社文庫 (あ100-2)) あさのあつこ 2007 講談社文庫

薄い。するするっと読めてしまう。
前巻から間があけたので、熱も少し冷めていた。
逆に、ここから先も気になるが、あんまり風呂敷を広げると、ちゃんと終わるだろうかと心配になる。
この巻自体は、次の物語の展開への間繋ぎのような、間奏曲のような内容である。

知性教育は抜群でありながら情操教育がなっていない、聖都市育ちの紫苑。
学校教育ではなく人生経験の豊かさから冷徹な理性を持つ、西ブロックのネズミ。
二人の少年達は、生活を共にして、ますますお互いとの違いを感じつつ、ますますお互いの存在が大きくなるのを感じ取る。
すなわち、変化だ。

奇麗事はどこまで通じるのだろうか。
奇麗事を言うのは悪いことだろうか。
綺麗でありたいと願うことは愚かだろうか。
昔、綺麗事を言うと皮肉を言われたことがある私は、著者の問題提起が興味深い。
だけど、紫苑にはむずがゆくなるけどね。

当局に拉致された沙布のこともある。
次の巻はもう少し盛り上がってくれるといいな。

« マリア様がみてる | トップページ | 九月の恋と出会うまで »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
あ、彩雲国の新刊が出てるんだ!と別記事に反応してしまった(笑)

まだ完結してないと知って衝撃をうけております^^;この遅々とした進み具合にはイヤ~な予感がつきまといますなぁ;;;

すずなちゃん、ども。
新刊、出たよー。>彩雲国
今度もボリュームたっぷりさ~。

「No.6」の続きは、どんどんダークになる、とも聞いています。
忘れた頃に読むぐらいで、いいことにしています。
でも、できれば最後まで読みたいな。なむなむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/9766998

この記事へのトラックバック一覧です: No.6(2):

» NO.6 #2(あさのあつこ) [Bookworm]
シリーズ2作目。巻頭にNO.6の地図が付いていて嬉しい♪お陰で、位置関係が頭の中にきっちりとインプットされた。顔とか声なんかは頭の中で勝手に創造されるんだけど、場所の創造ってのがイマイチ苦手なので、かなり助かるよー。... [続きを読む]

« マリア様がみてる | トップページ | 九月の恋と出会うまで »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック