2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« (雑誌)別冊 図書館戦争:もしもタイムマシンがあったら | トップページ | 日本的セクシュアリティ:フェミニズムからの性風土批判 »

2007.12.18

ホルモー六景

ホルモー六景  万城目学 2007 角川書店

反省すべきは、雑誌で読むんじゃなかったってことだ。
あらかた知っている話というのは、食指が不活発になる。
手に入れるまでは楽しみだったのに、読む段で盛り上がるに欠けたのは、全部ではないが一部を既読だったからである。

著者のデビュー作『鴨川ホルモー』のスピンアウト。
前作を読んでから読むことをお勧めする。
今度は恋の物語だ。それも6話の短編集。
単なる続編集ではない。手変え品変え、著者は器用に、物語を紡ぐ。
あちらの過去やこちらの過去、遠くの地にも広まれば、第5の大学の参戦--。
読み終えて、謎が残るばかり。続きはどーなる? 続きを書いてくれぇ!と叫びたくなる。
書いてくれなきゃ、「ぴょろお」と悲しい声をあげなくちゃいけなくなりそう。

「鴨川(小)ホルモー」
今回初読。新・天下三大不如意にうむうむと同意を示す。
この人、なんでこんなに女心を知っているのでしょう。思わず遠い目になりました。
大学生の恋愛を描くなら、なにもホルモーじゃなくてもよいのではないかという人もいるかもしれないが、ホルモーがあってこその悲しみが哀れなり。

「ローマ風の休日」
既読。戦いから離れたふみちゃんがこれまた可愛い。
このふみちゃんの逡巡や恐怖は、やはり『鴨川ホルモー』を読まずしてはわかるまい。

「もっちゃん」
初読。途中で、「……ん?」と疑問符が飛ぶ。
安部が好きな女性の部位は「鼻」。「鼻」を題した坊主の話を書いたといえば、芥川龍之介。同時代じゃないやん。
今はカラオケ屋になった老舗の京都の書店といえば丸善。檸檬の話にはあまりにも有名で、その八百屋の店頭で売られる檸檬に梶井基次郎のエピソードが書き添えてあったことを憶えている。
このエピソードは、丸善を惜しむ一人として嬉しかった。鷲田清一『京都の平熱』にも登場する。

「同志社大学黄竜陣」
既読。雑誌掲載時、タイトルを見た瞬間から興奮し、親には見せ付けるわ、友達にはメールしまくるわ、傍迷惑な行動を取ったことを告白する。
雑誌のときに比べて、クラーク博士の手紙が短くなっている気がした。TyoshuやAidu、Tosaも出てきた気がするのだが。雑誌と読み比べるのは面白いかもしれない。
はたして記憶には間違いがなかった。Satsumaはイエローなれば、Tosaはブルー、Aiduはレッド、Tyoshuはブラックだったそうだ。ホワイトはどこだったんだろう?
身びいきではあるが、この話を書いてもらえて、とても嬉しかった。やっと仲間に入れてもらった。
徳照館の中を思い出して懐かしかった。クラーク記念館(重要文化財)の補修も終わったそうだし、機会があったら遊びに行きたい。

「丸の内サミット」
これも既読。この続きが私は気になって仕方がない。
雑誌掲載時は、勝手に前後編になっていると思った。これは後編を読まねばと思い、次号の雑誌も買ったが、後編などは最初からなく、次章が掲載されていることに愕然とした。
だって、ここまで盛り上げたら!! そんなわけで、続きが読みたい。

「長持の恋」
既読ながら、またも泣いた。泣かされた。
ちょんまげに泣かされたと思うと不本意だけれども、こういうのに弱い。
時代を超えた絶品の恋愛小説である。自ら策にはまる勢いで、ぐしぐしうるうるする。
文通は文通でも、たやすくメールを遣わない作者のひねりが心憎い。
『鹿男あをによし』にもリンクしているところに、にやりとした。ちなみに、『鹿男』は海外でも販売されるらしい。

難しいことは似合わない。この本は、ただただ世界に浸って遊ぶのがよし。
面白かった。でも、次は長編で読みたいなー。

 ***

うまくTBができなかったサイト様

エビノートさん:まったり読書日記
『鴨川ホルモー』の続編、というよりもスピンオフ作品?……

susuさん:Favorite Books
楽しい~! 芸が細かい! 「鴨川ホルモー」のサイドストーリーを集めた短篇集。……

« (雑誌)別冊 図書館戦争:もしもタイムマシンがあったら | トップページ | 日本的セクシュアリティ:フェミニズムからの性風土批判 »

# 京都界隈」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さんこんばんは♪
TBの代わりに直リンク貼りました★
うーむ。先に雑誌で読むのも一長一短ですね。あちきは本で読む選択肢しかない(と自分で思ってる)ので、その点は少し楽かも。。。雑誌先行のお話を聞いてもあまり雑誌を読む気に離れませんね。というより、読む本が多すぎて雑誌読めないし。。。
確かに次は長編が読みたいですね★

やぎっちょさん、こんばんは。お手数をおかけしました。ありがとうございます。
多分、やぎっちょさんから先にTBをいただくと、こちらからお返事で送ることはできるようです。なんなんですかねぇ。
今度のことで懲りたので、雑誌にむやみに手を出すのを自粛しようと思っているところです。
あんなホルモーやこんなホルモー、読みたいですね。

香桑さん、こんばんは!
TB送信してみました~届いていると良いなぁ。

様々な恋愛を綴った短編集。ホルモーと併せて楽しめましたね~♪
私は「同志社大学黄龍陣」の後の展開がとっても気になります!!

エビノートさん、こんばんは。残念ですが、TBが届きませぬ……しくしく。
さしあたって、記事の中でリンクをはらせていただきました。ご了承を。
同志社黄竜陣が加わって、五つ巴のホルモー戦。学年がかわるから巴ちゃんvs芦屋の対決は見られないかもしれませんが、京の都がますますにぎやかになるところを、ぜひとも読みたいです。

本編に負けず面白かったね~。ますますホルモーファンになっちゃったよ(笑)
やっぱり「丸の内サミット」の続編が読みたいよね!これじゃ~蛇の生殺しみたいで(大袈裟?)、あんまりじゃないかっ!!と著者に直談判したい気分だよ。
「長持の恋」は私も泣かされました。

すずなちゃん、ども。
母と台所に立つと、「おたま」と言うと「なべ丸」と返ってくるような、そんな親子の会話が続いています。
内容の濃いぃ短編集だったね。

香桑さん、こんにちわ♪
まんまと世界に浸って遊び呆けたクチです^^
続編の構想は、確か、あるみたいだったなぁ。
ホルモーは三部作で終える予定・・云々
みたいな話をご本人が何処かで語られてた気がしますw
かなり怪しめの記憶なんですが;;
だって、これっきりって言われちゃったら、ちょっと反則ですもんね~

TBを送らせてもらったのですが、今回もやっぱりダメでした><。
なんでかしら・・;

susuさん、こんにちは。ちょっと古めの記事になると、TBが飛びにくいことが起きるようです。
後日、記事内に直リンをはらせてくださいませ。

三部作があるといいなー。いいなー。いいなー。
希望ができました。ありがとうございます!
『プリンセス・トヨトミ』も面白そうだったので、単行本になるまでじっと我慢です。

香桑さん、こんばんは(^^)。
続いて読みました、『ホルモー六景』。
大いに笑わせてもらったし、ホロリともしました。
いやいや、ホルモーで涙ぐむとは思わなんだ(笑)。
あ、香桑さんは同志社ですか。いいなぁ、参戦できて~。
うちの大学も参戦できないかなぁ…無理だろうなぁ(泣)。

・・・ってちょっと待ってください!「Tosaはブルー」ですって?!
高知大好き人間としては見逃せないネタですね!
雑誌掲載時はそういうくだりも入ってたんですねぇ。
ってことは、京大は土佐ルーツ?!と、一人で盛り上がってる私は、いい大人としてかなりやばい気がします(笑)。

「黄竜陣」の活躍も、東京でのホルモーも、気になることがいっぱいです。
万城目さんには是非、続編を書いていただきたいですね~。

水無月・Rさん、こんばんは。
雑誌ではTosaはBlueでしたよ。Aiduは白虎隊でもWhiteじゃないんだ……とか、いろいろと思った覚えがあります。
今、ちょっと検索をかけてみましたら、確かに同志社は薩摩藩邸だったと同じように、京都大学構内には土佐藩邸の遺構があるそうです。裏づけがちゃんとありそうで、面白いですね。
竜馬たちや新撰組や、幕末の有名人たちが走り回って叫びまわっていたら楽しいなぁと、思い描くだけでにまにまです。
ほんと、続きが読みたい……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/9450641

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモー六景:

» ホルモー六景 万城目学 ["やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!]
ホルモー六景 ■やぎっちょ書評 はなぢ出そうなくらいよがった!! ほるもぉぉぉぉ〜〜〜!!! 単純に「鴨川ホルモー」の外伝、アナザーストーリーと思ったら大間違いでした。ぐは。甘かった! ホルモーが深まるホルモーマニュアル、ホルモー魂、ホルモーホルモー(意....... [続きを読む]

» ホルモー六景 万城目学 [粋な提案]
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。初出「野性時代」+プロローグ書き下ろし。デビュー作『鴨川ホルモー』読了後に読むのがベスト。ホルモーにまつわる恋の番外編。泣き笑い六つのサイドストーリー。 「鴨川... [続きを読む]

» ホルモー六景(万城目学) [Bookworm]
「鴨川ホルモー」の続編。というより、番外編かな。プロローグと短編6編。 [続きを読む]

» 『ホルモー六景』 [blog mr]
 万城目学  角川書店 『鴨川ホルモー』の姉妹編。  ホルモーを巡る六つのエピソードが収められている。  有名人を堂々と登場させている「もっちゃん」「同志社大学黄竜陣」にびっくり。いや、どっちも、読んでる途中から、それっぽいなとは思ったんだけれども。 「丸の内サミット」が面白い。  京都の大学を出て、そのときにホルモーを戦った二人がそれぞれの友人に連れられていった合コンの会場で再会する。  ところが、東京育ちのはずのその友人二人もなんとホルモー経験者なのだった。  使役の言葉に方言があるというの... [続きを読む]

» 本 「ホルモー六景」 [はらやんの映画徒然草]
万城目学さんの「鴨川ホルモー」の続編です。 「鴨川ホルモー」のメンバーもちらりち [続きを読む]

» 『ホルモー六景』/万城目学 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
ぶはははは!!! 超・大爆笑である。いいわぁ、万城目学さんたら! なんなの、このトホホに満ちた、妙な緊迫感がありつつも脱力感たっぷりの物語たちは! 『鴨川ホルモー』読むなり、ああ早く『ホルモー六景』読まなくっちゃ!と、勢い込んで大正解! 私の個人的な期待(笑)にも応えてくれた万城目さん!ありがとう~!!... [続きを読む]

« (雑誌)別冊 図書館戦争:もしもタイムマシンがあったら | トップページ | 日本的セクシュアリティ:フェミニズムからの性風土批判 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック