2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 三千世界の鴉を殺し(13) | トップページ | 青空の卵 »

2007.11.27

おひとりさまの老後

おひとりさまの老後 上野千鶴子 2007 法研

『おひとりさま』は、2001年9月、岩下久美子氏が急逝した直後に出版されたエッセイのタイトルだ。本屋で手に取りながらも買いそびれたことが残念な一冊である。
酒井順子『負け犬の遠吠え』が出版されたのは、それよりも後の2003年のことである。
90年代にフェミニズムという言葉が普及したのは、上野千鶴子の貢献も大きかったと思う。
その、いわば、おひとさま推進活動の先鋒であった上野が、どのようにおひとりさまのその後を語るか、興味を持った。
上野千鶴子の本を読むのは、久し振りのことである。

文章の途中で太文字が使われていると、強調されている箇所ばかりが目に行ってしまう。
安っぽくなるから、あんまり好きじゃない。
どの文章が気に入ったか、自分で選びたいのに。

みんな最後はひとりじゃないか、と言われて、成る程と思った。
統計を用いて説明されると、その説得力は強い。
が、同時に立ち止まってしまうのだ。

待てよ。私は、この統計の多数派に入るのか?

そうとは言い切れないではないか。
私は王道からはずれることが得意な横道派。どんなに頑張っても、多数派に入りそこねることが多くて、もういいよ、人とは違う道でいいもん、とか言うことが多い。
じゃあ、少数派に入るとどうなるのか。
老後をいかに生きるかについては、経済的にも社会的にも状況はまだまだ流動的であろうし、私と著者との年齢差などから、ふーんって読んでおくだけのことにする。

自ら少数派に突き進む者はよいとして、そうならざるをえなかった者に対しても、「今までのツケ」で片付けるとしたら、残酷だと感じてしまう。
「その人が努力をさぼっただけ」で片付けてしまうと、社会学じゃなくなる気がする。
それに、一人の例をして全体を皮肉るような言い方は嫌だなあ、と。一箇所、個人的に不快な行があったので、感想を書くのもこうして億劫になっている。やれやれ。

後半の介護される側の10か条であるとか、死に方5か条の辺りは素直に面白かった。
こういうことは、よく考えてみると、女性も男性もあまり関係ないことのように思う。
孤独死を目指して、知っておいたほうがいい、考えておいたほうがいい、大事なことだ。
それに、「人間はこわれもの」という設定を出してくるところに、著者の変化を感じた。

面白いと感じるのと、賛同するのは違うわけで。
上野さんは、ずるいなぁ、と思ったのが正直なところ。
この本を面白く心地よく読めるかどうかは、著者にどれだけ自分を重ね合わせられるか、に、かかっていると思う。
都市に住む、仕事のある、ある程度の収入がある、団塊ジュニアよりも上の世代の女性向け、と思った。

一番印象的だったのは、「ほうっておいても保つような関係は無関係」であり、友人にはメンテナンスが必要だというところ。
多分、私は、自分の友人のネットワークを再編する時期に入っていると思う。かつて重要だったネットワークを一つ失った分、今の自分にとって快い関係を大事にしていきたい。

最後に、「犬文字」。
ぜひとも、鷲田清一『京都の平熱』を一緒に読んでもらいたい。
あーっ!と指を刺してから、にやりと笑いたくなると思うから。

« 三千世界の鴉を殺し(13) | トップページ | 青空の卵 »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ボトルをひろってやってきました^^
実は来月本を出版してみようなんて考えているものなんですけど、まさか本好きの方のブログにたどり着くとは……
とりあえず宣伝用のアドレス貼っていきます^^;
http://id13.fm-p.jp/167/gift2007/index.php?module=viewnp&action=pdetail&stid=29

ではでは突然の書き込み、失礼しました~。

モコさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。
本を出版! すごいですね。こちらこそ、光栄です。
本屋さんで探してみますね。出版おめでとうございます。

http://yaplog.jp/suraimu7/
私のブログです。よかったら見て下さい。

ボトルメール見て来ましたよ。
本は大好きですよ。
俺は三国志にはまってます。
あとは指輪物語も好きですよ。

ゆうさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。
スライムは可愛いですね。我が家には、PSのスライム型コントローラが鎮座しています。実用には不向きでも、目が会うと笑ってしまう、優れものです。

ゆうです。
私のブログにコメントありがとうございました。
スライムを語るブログだからマニアックですが
皆が楽しめるように努力します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/9130013

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさまの老後:

» ◆上野千鶴子講演会 12月2日名古屋で。話題の本「おひとりさまの老後」著者 [てらまち・ねっと]
 議会や議員のことの勉強会などでは一緒に動くことが多かった「む・しネット」(女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク)。  今年は、会費を払って会員になりました。  そこの主催での上野千鶴子さんの講演などの企画があります。  新聞等でも紹介されていますが、まだ、まだ余裕があるようです。 (写真をクリックすると拡大。写真右下あたりのクリックでさらに拡大)  このチラシの印刷用原稿は、    ⇒  チラシのPDFファイル(1.31MB)   ご自分で印刷していただける方はお願いします。    ... [続きを読む]

« 三千世界の鴉を殺し(13) | トップページ | 青空の卵 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック