2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 | トップページ | 京都の平熱:哲学者の都市案内 »

2007.10.28

マジョモリ

マジョモリ 梨木香歩 2003 理論社

これも、秘密の花園の物語だと、表紙が教えてくれる。
鍵は、水色の折り紙に書かれた、招待状。
主人公は招待されるまま、魔女の森に足を踏み入れる。

魔女と題にあるし、梨木さんの描く魔女なら、西洋風な物語を想像していた。
手にした絵本は、きりりとした線と淡い色合いで描かれており、開くと日本風の舞台であることがすぐに分かる。
この魔女は、植物に詳しく、子どもの味方であるところが、梨木さんの描くほかの魔女と共通している。
全国を駆け回って仕事をしてきた疲れを癒しつつ、子どもたちを招いて御陵の主の無聊を慰めているのだろうか。

神様と出会うには作法がいる。招待をされたら、畏みて受けよ。
『となりのトトロ』の招待状はどんぐりの包みだったけれども、今度は水色の折り紙だ。
招待するかどうかは神様の決めるところであって、待ち構えていてもいけないし、押しかけてるわけにもいかないし。
複雑なことは何もない。淡々と描かれた短い物語を、澄んだ緑の美しい繊細な挿絵が、補強し、時には読みとくヒントをくれる。

森の中の濃密で清浄な空気を思い出す。
綺麗な世界を閉じ込めた一冊。

« 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 | トップページ | 京都の平熱:哲学者の都市案内 »

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

香桑さんこんばんは♪
TBの代わりに直リンク貼りました★
この絵本の絵はとってもキレイでしたね。はっきり言ってかなり好きな部類です。物語の内容にも合っていた気がします。こんな絵本がシリーズであれば絶対読んでしまうんだけどなぁ。
魔女はこれまでの魔女っぽくなかったですね。和的なところがツボでした★

やぎっちょさん、こちらもありがとうございます!!
部屋に飾りたくなる絵本です。森の匂いがしてきそうで素敵です。
魔女さんの味見のポーズが私のツボでした。子どもがいたら、読み聞かせて、一緒にお茶とお菓子を味わいながら、このポーズをして遊びたいっ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/8651853

この記事へのトラックバック一覧です: マジョモリ:

» マジョモリ 蟹塚縁起 ペンキや 梨木香歩 ["やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!]
マジョモリ 蟹塚縁起 ペンキや ■やぎっちょ書評 今日、子供のころ以来はじめて(たぶん)図書館の貸し出しを利用しました。図書館で本を借りることができるんですよみなさん。知ってました?しかもタダなんですよみなさん!知っていましたかっ!? なんとゆう便利この....... [続きを読む]

« 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 | トップページ | 京都の平熱:哲学者の都市案内 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック