2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 有頂天家族 | トップページ | 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 »

2007.10.18

現代社会心理学の発展Ⅰ

三隅二不二・木下冨雄(編) 1982 ナカニシヤ出版

国内の実験社会心理学の論文集。
そういえばPM理論のことは、提唱者の文章で読んだことはなかったと思って、見つけたついでに借りてみた。

社会心理学の基礎的な知識を必要とするが、心理学実験の計画や報告の仕方の参考になる。
四半世紀が経ち、ここに紹介されている研究は、最先端の成果であるとは言えない。
が、だからこそ却って、Heiderの帰属理論やRawlsの公正理論、三隅のPM理論など、教科書に当然のように出てくる情報が生き生きとして語られている様子が興味深かった。

でもねー。
図書館の本に線を引くのはやめましょう。やめてください。
公共のものは大事にしましょう。と言いたくなるぐらい、私の目当ての論文のところにだけ、アンダーラインが引かれていた。
鉛筆なので、消しゴムをかけてから返そうか。古びた紙を破くことにならなければいいのだけど。

« 有頂天家族 | トップページ | 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 »

専門書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代社会心理学の発展Ⅰ:

« 有頂天家族 | トップページ | 猫辞苑:現代「猫語」の基礎知識 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック