2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 猫だましい | トップページ | 恋うた »

2007.09.20

水曜の朝、午前三時

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫) 蓮見圭一 2005 新潮文庫

 季節の庭に 咲かせた愛は
 時の流れに 色あせて行くけど
 別れるために 人はめぐり逢い
 それぞれの心 やさしく変えてゆく
 *1

私が思い出す「水曜の朝、午前3時」は、解説が触れていたS&Gではない。
泣きたくなるほど優しくて甘いラブ・ソング。その歌と同じタイトルを見て、手にとった本だった。

私が知らない時代。けれども、どこか懐かしい香りのする時代だ。
セピア色がかった写真の中で、静かに姿をとどめる、熱い時代だ。
1969年の動乱の時代が開けて、1970年は大阪で万国博覧会が行われた。
「終戦の年からちょうど四半世紀の節目に開催された大阪万博は、高度成長の総仕上げの見本市であり、仮に戦後という時代があったとすれば、その幕引きの役割を果たした祭典でもあった」(p.64)と、物語の舞台は設定される。
A級戦犯を祖父に持つほどの「良家の子女」である直美は、わずかばかりの自由を求めてホステスとしてかの地に赴き、太陽の塔のもとで理想の恋人と出会ったのだ。

ここで、太陽の塔だ~!と笑ってはいけない。たとえ、鴨川デルタや京大周辺、疎水の桜並木が出てきたとしても……。

これは、成就した恋の物語だ。
理想の恋人を恋人のまま手に入れつづけた、恋を失わずに抱き続けることができた物語である。
失われたと思った恋を、直美はしっかり回収している。そこに、私は興ざめしてしまった。
誰しも、配偶者とは違う人への思いを抱くことはあるかもしれないし、そのことを諌めようとは思わない。
彼女は恋と愛とを手に入れた女性であり、幸せな人生だと思う。そのように人生を決めて選んできた主人公の努力の成果であるが、賛美はしない。
物語の最初を最後の語り手が、直美の夫ではなく、娘ではなく、娘婿という離れた立場からでしか語りえなかったところが、直美の生き様への評価である。

時代背景と心理描写がたくみだ。女であることと付き合うことの息苦しさ、家族に囲いこまれることの息苦しさ、自分の中にある差別や恐怖に気づいたときの息苦しさ、目覚めるたびに今日こそ自分が死ぬのではないかと思う闘病の息苦しさ、小児病棟の幼い子ども達の死とそれを見守るしかない家族の息苦しさ。
若くて美しく、健康で奔放にすることを許される特権的な日々は、期間限定のものであるからこそ、ますますお祭り騒ぎのようだった。
示唆深く、印象に残る台詞の数々。見たことのない万博の景色が体感されるような表現。間違いなく、名作であろう。

目の前にあるものすら見えないふりをしているのがいまの時代なら、誰もが見えないものまで見ようとしていた――恐らく、それがあの時代でした。(p.35)

当時の日本で生活をする、朝鮮半島をルーツに持つ人々の状況は、映画『パッチギ』を思い出した。1968年の京都を舞台としており、この小説の空気に近いものがあるのではなかろうか。
学生運動の面では、高野悦子『二十歳の原点』は立命館大学であるが、京都の学生運動の様子を伝える。やがて疲弊して自殺した女性の日記であり、『「独りであること」、「未熟であること」これが私の二十歳の原点である』という一文はあまりにも有名である。
柴田翔『されど、われらが日々』も有名であるが、これは東京を舞台とする。持っているが、読んだことはなかったりする。
この頃、『サウス・バウンド』の一郎はどこで戦っていたんだろう?などと考えると、ますます面白かった。

鳴海さんなんて怖い女ではない。彼女はプライドがある。
成美さんも怖い女ではない。彼女達は、無邪気でも、無自覚でもないからだ。
直美という、宝探しに成功した、幸せな一人の女性の物語だった。その幸せさのゆえに、私は彼女を嫌いになった。

*1 作詞:高見沢俊彦「水曜の朝、午前3時」

« 猫だましい | トップページ | 恋うた »

# 京都界隈」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/7990440

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜の朝、午前三時:

« 猫だましい | トップページ | 恋うた »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック