2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | SHIMAVARA(1・2) »

2007.08.13

極め道:爆笑エッセイ

極め道―爆裂エッセイ (光文社文庫 み 24-1) 三浦しをん 2007 光文社文庫

もともとは、1998年11月から2000年6月の間、Boiled Eggs Onlineに掲載されたもの。このサイト、現在は万城目学のエッセイを目当てに、時々読んでいる。

三浦の『秘密の花園』を読んだとき、吉田秋生『櫻の園』を連想したが、本書では三浦が『櫻の園』に言及しつつ、女子校の生活を述べている。
ああ、やっぱり読んでいたんだ。

那須雪絵『ここはグリーン・ウッド』も、大和和紀『ヨコハマ物語』も、松苗あけみ『純情クレイジーフルーツ』も、樹なつみ『OZ』も、冬木るりか『アリーズ』も、藤田貴美『SHIMAVARA』も、清水玲子『22XX』『MAGIC』も、なんかもうたいがい読んでいるぞ? 持っているのも多いぞ?

日々の出来事や物思いを、自分もブログに書いてみたりするけれども、作家の人が書いたものは面白いなあ。
友人と喋るように、文章にうけあったり、つっこんだりしながら、愉しんだ。
フェミニズム的な感覚も持ちつつ、ステレオタイプなもので遊べる余裕。かつ、自分をネタにできる度胸に好感を持った。エセフェミと名乗れるぐらいが、バランスが取れていていいように思う。

私の身の周りにも「気は優しくて力持ちでおまけに知性もある女」友達は、過去も現在も多かった。
それなのに、やっぱり、「気は優しくて力持ちでおまけに知性もある男」とは縁遠いんだよなあ。

« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | SHIMAVARA(1・2) »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極め道:爆笑エッセイ:

« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | SHIMAVARA(1・2) »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック