2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 多重化するリアル:心と社会の解離論 | トップページ | Man'yo Luster:万葉集 »

2007.08.01

関西弁で愉しむ漢詩

関西弁で愉しむ漢詩 (寺子屋新書) 桃白歩実 2005 寺子屋新書(子どもの未来社)

この本は、題から中身がわかりやすかった。
「関西弁」で、なおかつ、漢詩を「愉しむ」本なのだから。
こういうノリが大好きである。

高校ぐらいのときだったか、英語や古文や漢詩を、仲間内でこんな風に関西弁にして楽しんでいた頃があった。
そのほうが妙にはまったり、作者や作品の印象が変わって、身近になる。
あの仲間内の笑いを思い出しつつ、斜に構えて読むつもりが、著者の訳やコメントに、声を立てて笑ってしまった……。やられた。
関西の芸人さんの声を頭の中であてながら読んでみると、更に味わい深くなるのではないかとお勧めしたく思います。

関西弁に親しみのない人にとっては、この訳は馴染みづらく感じるかもしれない。
だが、「愉しむ」部分は、関西弁ユーザー以外にも共通すると思う。
ざっくばらんに訳してみると、飲んだくれていたり、仕事も辞めて日長だらだらと、世を拗ねてみたり、ろくでもない感じがそこかしこに、大人のやさぐれぶりが絶妙である。
『僕僕先生』の王弁が遊び人としての修行が足りなく見えるぐらいで、高校生の古典の副読本に勧めるのは微妙であるかも。

著者が好んで李白を選んでいることから、酒飲みばかりの印象を受けるのだと思う。
桃も李も桃のうち、だろうか。
(2005.3.9)

« 多重化するリアル:心と社会の解離論 | トップページ | Man'yo Luster:万葉集 »

詩句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/7374785

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁で愉しむ漢詩:

« 多重化するリアル:心と社会の解離論 | トップページ | Man'yo Luster:万葉集 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック