2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 猫町 他十七編 | トップページ | そして僕は天使になった »

2007.06.07

そして僕も天使になった

そして僕も天使になった 池谷剛一 2002 パロル舎

昔、飼っていた猫がいた。最初の私の猫。名前をアーサーという。
肉球のスタンプを押した手紙が届き、この猫が迎えに来てくれるなら、死ぬのはそう怖くはないことないだろう。
今、飼っている猫たちがいる。彼女達が先に逝ったとしても、一杯やりながら昔話に花を咲かせることができるなら、死ぬのはそう寂しくはないだろう。
そう悪いことではない。きっと、あたりまえのようなこと。

絵本は、『そして僕は天使になった』の姉妹編で、前作で死んだ飼い犬の、飼い主が主人公である。
パステルだと思うが、柔らかで暖かみのあるセピアがかった絵柄が、嘆きをやわらげる。
死を受け入れる心の準備を、穏やかに手伝ってくれるような作品だった。

私は、『そして僕は天使になった』よりも、本作の方が好きかな。
青い星が見えるバーの窓の景色が、楽しみになる。
いつか一緒にどこまでもどこまでも歩く日まで、待っていてね。

« 猫町 他十七編 | トップページ | そして僕は天使になった »

**死を思うこと**」カテゴリの記事

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/6696049

この記事へのトラックバック一覧です: そして僕も天使になった:

« 猫町 他十七編 | トップページ | そして僕は天使になった »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック