2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 腐女子彼女。 | トップページ | (雑誌)迷走恋の裏路地 »

2007.04.16

(雑誌)ペンギン・ハイウェイ

森見登美彦 2007 野性時代 Vol.41

主人公は小学生の男の子。京大生じゃありません。
頭がよいと自負している、ちょっとおませな感じの大人びて変わり者。
本人も大人だと思っている、だけど大人から見たらまだまだ子どもであるに違いない、そんな男の子。

舞台は郊外に開発中の新興住宅。ケヤキ並木があり、歯科医院があり、分譲予定地があって、「海辺のカフェ」があり、荒れ地と森がある。
とりあえず、洛西ニュータウンの景色をイメージする。小塩山(西山)の、サシバの渡りを見たポイントを想起。高槻のほうでもいいな。

子ども同士のつきあいはシビアな面も持っている。
そんないつもの日々に突如と現れたのは、ペンギンの群れ。

初恋の香りが漂う中、物語の導入という感じで、謎がそのまま取り残されている。
不思議に満ちた子ども時代らしい冒険の幕開けとなるか。
お姉さんは一体、何者なのか。
続きがあるんだよね? 続くんだよね? 今後に期待。

« 腐女子彼女。 | トップページ | (雑誌)迷走恋の裏路地 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/6108609

この記事へのトラックバック一覧です: (雑誌)ペンギン・ハイウェイ:

« 腐女子彼女。 | トップページ | (雑誌)迷走恋の裏路地 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック