2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 嘔吐 | トップページ | 京のオバケ:四季の暮しとまじないの文化 »

2007.03.17

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ 菅野 彰 2007 角川文庫

29歳の崖っぷち。そこをとっくに越えてしまった私であるが、崖を越えるその前に、これだけの努力をしてみたら、結婚できていただろうか? ……いや、あんまり今と変わらなかった気がする。

以前、菅野がWingsという雑誌で書いたエッセイを読んだ。
小説の中ぐらい夢を見せて欲しいと言いながらボーイズラブを書く人の、現実の男性に向ける視線は決して冷たくない。
むしろ、もーっ!と怒りながら笑うような、どっしりと暖かい感じが気に入った。

平積みにされた新刊の文庫の中、タイトルが気になり、手に取った。
内田樹・春日武彦『健全な肉体に狂気は宿る』と並べて読んでみたら面白そうとか、思ったから。
レジに並ぶ列で、カバーの著者紹介を呼んで、くだんのエッセイの著者だとようやく気づく。
こりゃあ、買わねば。いそいそ。

誰にも見られたくない、外から見られたくない。
あるある、と笑いながら読む。結婚したくないわけじゃないのに、はるかに縁遠い感じがする。
占いに頼ってみたくなったこともある。私の場合、占い師の身の上を逆に私が聞き取り、悩み相談をしてあげて、料金をただにしてもらった。……占いになっていない。
縁結びのお守りも握り締めてみるが、信心が足りないようだ。出雲大社や戎神社など、各方面からのいただきものを並べて置いているのも、いい加減に期限切れになっている気がする。
減量だけは、彼氏ともめた気苦労と、肝炎のおかげで成功した。もっとも、その揉め事の結果、私は彼と別れたので、ダイエットの達成感はない。ダイエットというか、単なるストレスによる食欲不振や体調不良、その結果による体重減少であって、意識してやったことではない。
そして、最後に話した男性はといえば、家族か上司か、鍼灸師さんに店員さん……。色気や恋愛には程遠い生活で、のほほんと暮らす毎日は穏やかで、結局、これが性に合っている。

自分の通り過ぎた道が思い出されて、女友達と徹夜で話し合い笑い合うような感じ。
30代になると体全体が曲がり角。その前に、なんであれこれしなかった!と後悔しても、努力に繋がらないって、あるよね? ね?
自分でネタにするのはいいけれど、反面で、男性にはネタに仕切れない切なさもあることは知っておいて欲しいと願うのは無理難題だろうか。
男性がこの本でがははと心底無邪気に笑っていたら、多分、私は後頭部に一発かましたい気持ちに駆られるだろう。

壊れかかった卵巣の痛みを抱えて笑うとき、笑うしかないような切なさとか悲しさもひそかにある。健在な肉体は、私も欲しい。切実に欲しい。
でも、適度な運動と規則正しい生活を送るのが、私にも難しい。
おまけに、結婚には年齢制限はないが、出産には年齢制限があるんだよ。
産む機械と呼ばれても結構。機械には、材料も燃料もいるんだ。産んで欲しければ、いい男を連れてきやれ。どーんと受け取ってやる……かもしれない。受け取らないかもしれない……。いや既に手遅れ。

文庫本は、単行本から抜粋・編集されているそうで、省略された部分がもったいない気がした。
単行本のほうも読みたいな。面白かったです。

« 嘔吐 | トップページ | 京のオバケ:四季の暮しとまじないの文化 »

**女であること**」カテゴリの記事

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/5715818

この記事へのトラックバック一覧です: 不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ:

« 嘔吐 | トップページ | 京のオバケ:四季の暮しとまじないの文化 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック