2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 鴨川ホルモー | トップページ | 大統領の理髪師 »

2007.03.12

デュエリスト

デュエリスト デラックス版 韓国

カンドンウォンがセフィロス様。
台詞が少ない映画だ。かなり映像に凝ったのだとは思う。が、なんだか笑ってしまう。
場所などを示すもともとの映画のテロップ(日本語字幕ではなく)も非常に短時間で見落としそうになる。
殺陣は、主役二人よりもベテランさんのほうが上手のように感じました。日本刀の使い方や時代考証については、敢えてツッコミを控えます。
正直なところ、凝り過ぎて、観る人に不親切で、あんまり面白くなかった。
映像を見せる時間が長い分、物語が薄くなっちゃったのかな。本当は可哀想で、もう少し感動する映画になったような気がするのだけど。
もうちょっと、なんとかしようがあったのではないかなあ。もったいない気がします。

驚きだったのが、ハジウォンが青木さやかに見えてしょうがなかったこと。似てたんだ。ハジウォンが捕盗庁に所属している点でも、映像の点でも、「チェオクの剣」を思い出しましたが、キャラは見事に別物でした。可愛かったですよ。

一回、観たので、気が済みました。

« 鴨川ホルモー | トップページ | 大統領の理髪師 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/5669509

この記事へのトラックバック一覧です: デュエリスト:

« 鴨川ホルモー | トップページ | 大統領の理髪師 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック