2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« フーコー入門 | トップページ | 図書館の神様 »

2007.02.11

リーラ:神の庭の遊戯

リーラ  玄侑宋久 2004 新潮社

最後を綺麗にしすぎ、と思う私の心は、少々汚れているのだろうか。

3年前に自殺した女性の、その命日の前日。
女性の弟、母親、父親、弟の恋人、自死した女性の友人、ストーカーらが、ふと彼女を思い出す。

確かな質感、熱感をもって、彼女の存在を感じる。
死者の訪ないを感じるときの、不気味な、不思議な、一瞬の体験に臨場感がある。
錯覚かもしれない。そんなことがありえるわけはない。
けれど、肌があわ立つような、背筋がぞくりと、うなじがざわりとするような。
偶然の符丁を勝手に組み合わせたり、安易に深読みしてみたり、人間の主観のゆがみを上手に布置して、物語は進む。

モーニング・ワーク(喪の作業)は、死者の慰霊の形を取るとしても、生者にこそ必要な営みであるように感じる。
悔恨や絶望、悲哀をやわらげながら、明日へ明日へと生きることを強いられるから。
苦痛を味わうことは、まさに苦痛であるが、これを味わい続けることも難しい。
たとえ苦痛であったとしても、生者が死者の記憶に執着するならば、生者は忘却との戦いを避けられない。
同時に、忘却との戦いは、死者に等しく強いられる。

無言電話を繰り返す男の心理描写に、うなる。これは想像してみたこともなかった。
卑劣なことをしてきた男が、懺悔する。赦されることはなくとも、懺悔はできると。
懺悔をした分だけ苦痛が減ったようで、生まれ変わり、どこか赦されたような終わり方に、かすかに不満を持った。
しかし、見方を変えてみれば、犯人が改悛するかもしれないという可能性こそが、被害者や遺族を慰撫するのかもしれない。
何もなかったかのようにされてしまうことは、忘却との戦いにすら持ち込めずに不戦敗することだ。

忘れずに悔やめ。覚えてくれるなら、憶えていてくれるなら、どこかで赦せるのかもしれない。
私の「まぶい」(生魂)も、きっとどこかに落ちている。拾い集めては、また落とした。
オレンジのシャツを着た弟に、オレンジ色のTシャツを好んで着ていた知り合いを重ねて苦笑した。

« フーコー入門 | トップページ | 図書館の神様 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーラ:神の庭の遊戯:

« フーコー入門 | トップページ | 図書館の神様 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック