2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« ウィトゲンシュタイン入門 | トップページ | 物理学と神 »

2007.02.21

茶色の朝

茶色の朝 フランク・パヴロフ ヴィンセント・ギャロ(絵)
藤本一勇(訳) 高橋哲哉 (メッセージ) 2003 大月書店

なぜ、茶色なのか。
その理由は解説を読むまで、私はわからなかった。

茶色のペットしか飼ってはいけない。
茶色だけ。ねこも犬も茶色だけ。ほかの色は殺される。ほかの色のペットを飼う人も社会から殺される。

他の色は刈り取られる。

短いが、しかし、ずしりと響く重苦しさ。
時流に逆らわず、足並みを揃え、目立たず騒がずにいる保身術は、本当に安全なのか。
考えもしなかったと主人公が言っても、彼は茶色の朝から逃れることを許されない。
想定外は言い訳にはまったくならない。

たとえ、何かを行うことが難しいように思えたとしても、考えることはできるはず。
その自由を自ら捨て去ることのないよう、教えてくれる本だ。

言葉を狩る。その先はどうなるか。
有川浩の『図書館戦争』シリーズで、誰も戦わなかったとしたら、こんな結末が待っているのではないか。
検閲や差別用語について考える良書として強く勧めたい。今、この世情だからこそ。
(2006.1.11)

« ウィトゲンシュタイン入門 | トップページ | 物理学と神 »

小説(海外)」カテゴリの記事

**平和を祈ること**」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶色の朝:

« ウィトゲンシュタイン入門 | トップページ | 物理学と神 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック