2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 北神伝綺(上・下) | トップページ | サンカの真実 三角寛の虚構 »

2007.01.14

木島日記:乞丐相

木島日記 乞丐相  大塚英志 2004 角川書店

北神伝綺が津山三十人殺しで終わり、この小説はここから始まる。
手に取った順番としては正解だったらしい。

前作とキャラの雰囲気が違う。
折口はますます不遇であるが過敏さがやわらぎ、美蘭はふわふわとして浮世離れしているが人間っぽくなり、木島もまた変……というか出番が少ない。
どのキャラクターも、奇矯さが薄れてきたと感じるのは、作者に変化があったのか、読み手である私が彼らに慣れただけなのか。

しのぶちゃんが受けか攻めかで、びみょーなショック。書いているのが男性なだけに、なまめかしさが生々しくてうろたえた。
それにまた、はるみちゃんの祈りが切ない。

人間関係に特に変化があるわけではないが、物語は一層、戦争の予感が色濃くなる。
静かに、気づいたときには手遅れになりそうなほど速やかに、ひたひたと近づき、誰も逃れようのない大きな渦に、既に巻き込まれている空気。
この空気を、小説の外で感じることのほうが怖い。

昔話の貴種流離譚であるとか、異常誕生というのは、両親を離れて育つ子どもの心を守る物語でもあったことを、改めて感じた。

« 北神伝綺(上・下) | トップページ | サンカの真実 三角寛の虚構 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木島日記:乞丐相:

« 北神伝綺(上・下) | トップページ | サンカの真実 三角寛の虚構 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック