2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 木島日記 | トップページ | 風が強く吹いている »

2006.12.31

(短編)ホテルジューシー

Sweet Blue Age 坂木司 2006 『Sweet Blue Age』 角川書店

アルコールに依存するのではなく、ブラックアウトに依存する。

のんべんだらりと目前に横たわる時間、孤独、不安。
正気に戻ると、現実が待っている。
自分の意識、思考、記憶や理性、情緒、感覚、この苦痛から逃れられないとわかっていても、わかっているからこそ、意識ごと丸投げしたくなる。
逃げても逃げても、逃げようとしても、先送りしただけで、後述べしただけで、やっぱり、現実はそこにあるのに。

そんな空白を、意味や役割、関係、事物で埋めないと落ち着かない。
とんがって、頑張って、肩肘張って、しっかりものを務めてきた少女は、献身的な長女の役割をとりあげられたとき、困惑する。
主人公は、その空白を「だれかのために」で覆い隠すのではなく、「自分のために」居場所を見つける。
ダメな自分も丸ごと受け留めてくれたのは、沖縄の夏。

スイッチが入れ替わるように、いっぱいいっぱいで視野が狭くなった状態から、ふっと脱け出せる瞬間が、人生には何度かあるのだと思う。
ここを過ぎると、ぐっと楽になれるんだよね。

「出身地・性別など不詳の覆面作家」と紹介があり、どっちだ? 男か? 女か?と気になりながら読んだ。
どっちであろうと、物語には差支えがないってことで、この作者の他書も読んでみたい気がする。
わりとあっさりとした描写で、危なげがなく、かつ、嫌味がない文章だった。

 ***

続きを雑誌で読んだ。

« 木島日記 | トップページ | 風が強く吹いている »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4746668

この記事へのトラックバック一覧です: (短編)ホテルジューシー:

« 木島日記 | トップページ | 風が強く吹いている »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック