2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« (短編)夜は短し歩けよ乙女 | トップページ | ニート・ニート・ニート »

2006.12.24

(短編)辻斬りのように

Sweet Blue Age  桜庭一樹 2006 『Sweet Blue Age』 角川書店

辻斬りというと、象徴解釈っぽく理解すると、どうも男性の発想のように感じる。何人を斬ったかというのは、男性の女性との性行為の回数を指し示す言葉遣いであって、刀は男性性器の象徴と理解されるからだ。

すると、ここで、女性の主人公に辻斬りをさせたのは、無意識に発露した著者のジェンダーなのか、敢えて荒々しさを付与するための意識的な操作なのか。

そんなことを考えながら読んだので、あまり楽しんだとは言わない。

七度辻斬りをするというよりも、七度辻斬りをされるような、痛み。自分を壊し、殺す性行為。

七度焼かれても燃え残る七竃のような、固く、黒く、よい炭となって残る、もの狂い。私を殺して、そうではないものに変じるための、儀式。可愛そうな女を捨てるための。

七竃の花と香りを私は知らないが、美しい男は私をみじめな気持ちにさせる。その夜の記憶が苦く懐かしかった。

« (短編)夜は短し歩けよ乙女 | トップページ | ニート・ニート・ニート »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (短編)辻斬りのように:

« (短編)夜は短し歩けよ乙女 | トップページ | ニート・ニート・ニート »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック