2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« (短編)辻斬りのように | トップページ | (短編)涙の匂い »

2006.12.24

ニート・ニート・ニート

Sweet Blue Age  三羽省吾 2006 『Sweet Blue Age』 角川書店

森絵都「ジェネーレションX」(『風に舞いあがるビニールシート』所収)や、滝本竜彦『NHKにようこそ!』を連想する。扱っているものが、少し似ている。

逃げて逃げて逃げ回って、それでも逃げ切れないものがあって。

そんなとき、どうする?

三十六計逃げるにしかずとは言うけれど、人生、逃げ回ってばかりもかっこ悪い。

この後、主人公がうまく立ち向かえたことを祈る。という感じ。

« (短編)辻斬りのように | トップページ | (短編)涙の匂い »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニート・ニート・ニート:

« (短編)辻斬りのように | トップページ | (短編)涙の匂い »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック